Sansan

【Sansan Data Hub】連携専用ユーザのAPI Key の発行と設定

連携専用の Sansanユーザの API Key の発行方法と、有効範囲の設定方法についてご案内します。
事前に、連携専用のSansanユーザを作成する必要があります。
作成方法については、こちら

 

1. API Key の発行

1. Sansanの管理者権限を持つユーザでSansanへログインします。

2. [管理者設定] > [外部サービス連携] >[API] タブをクリックします。

3. 連携専用のSansanユーザを選択し、[発行] をクリックします。

 

2. API Key の有効範囲の設定

API Key の有効範囲を「Sansan Data Hubのみ」に設定します。
※デフォルトでは「すべて」に設定されています。

 

1.[API Key を発行済みのユーザ]から、連携専用のSansanユーザの[編集]をクリックします。

2. [有効範囲の変更]画面が出てくるので、[Sansan Data Hub のみ]を選択し[保存]をクリックします。

※ 発行済みのAPI Key の有効範囲の設定を変更しても、API Key を再発行する必要はありません。

 

参考資料

ご利用までの全体の流れ(Salesforce連携)はこちら
ご利用までの全体の流れ(Marketo連携 / CSV連携 / Change Feed API連携/ SATORI連携)はこちら

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています