メッセージとコンタクトフォロー機能の違い

コンタクトを同僚と共有する方法には以下の2つがあります。

  • メッセージで共有
  • 他ユーザのコンタクトをフォロー

ここでは両者の違いと特徴についてご案内します。

 

 

メッセージで共有

他ユーザのコンタクトをフォロー

概要

コンタクト保存後に共有したいユーザを選択してメッセージとともに送信する機能

フォローしたユーザのコンタクトを毎朝自動的に受信する機能

特徴

コンタクトを記入するユーザが宛先を指定して送信

コンタクトを受け取るユーザが、フォローする相手を設定して受信

活用例

打ち合わせの参加者への議事録の共有
上司への業務報告

同僚をフォローして情報収集
部下をフォローして案件進捗状況を管理

受信形式

コンタクト1つにつき1通のメッセージ

前日分のコンタクトが1通にまとまって届く
受信タイミング

メッセージ送信後すぐに届く

コンタクト登録日の翌日朝に届く

受信後のやり取り

Sansan上でメッセージにコメントすると、
メッセージの参加者全員に返信ができる。
過去のやり取りもSansan上から確認可能

コンタクトフォローメールに返信すると、コンタクト登録者に直接メールが届く
メール通知先 ログインメールアドレス/サブメールアドレス ログインメールアドレス

 

 

関連ページ