Sansan

Salesforce連携設定の進め方

Salesforce連携設定について

Salesforce連携設定には、Salesforceシステム管理者のユーザ情報、または Salesforce の「ユーザ管理」およびSalesforce内のデータの「参照、作成、編集、削除」権限を持つユーザ情報が必要です。連携設定にあたって、必要な権限をお持ちの場合と、お持ちでない場合に必要な準備が異なりますので、ご注意ください。 

 

 

 

ケース1:権限を持っている場合



▼必要な作業
①Sansan の名刺情報を「取引先・取引先責任者」、または「リード」のいずれの組み合わせに転送するかを決めてください。
②連携したいオブジェクトに、カスタム項目「名刺ID」を作成してください。
※ 「取引先・取引先責任者」に名刺情報を転送する場合には、両方のオブジェクトにカスタム項目「名刺ID」を作成してください。

カスタム項目の作成方法はこちら

③Sansan にログインして、画面の指示に従って連携設定を行ってください。
※ Salesforce のシステム管理者ユーザがSansanユーザでない場合は、こちらの手順にしたがって Sansan にユーザ登録を行って下さい。

Salesforce連携設定画面はこちら
Salesforce連携設定画面は、ログイン後、トップページ右上[管理者設定]>[外部サービス連携]>[Salesforce]とお進みください。

 

ケース2:権限を持っていない場合

▼必要な作業
①Salesforce のシステム管理者に連携のメリットを伝える (メリットの概要はこちら)
②Salesforce のシステム管理者に、Sansanユーザになってもらう (招待によるユーザ追加の方法はこちら)
③本ページを Salesforce のシステム管理者に案内し、ケース1の手順に従って連携設定を依頼する