Sansan

ユーザを一時停止する

ここではユーザを一時停止状態にする方法についてご案内します。

 

利用条件

本機能の利用には、管理者権限が必要です。

 

仕様説明

一時停止状態になるとどうなるか

  詳細
ログイン ログインできなくなります。
Sansan API 一時停止状態のユーザが保有するAPIKeyで Sansan API を利用することはできなくなります。
名刺スキャン 利用できなくなります。
通知(メール、Push通知) 配信されません。
デジタル名刺 一時停止状態のユーザのでデジタル名刺は無効化されます。
該当ユーザが承認者に任命されている場合
  • メールの一括配信
  • 名刺メーカー など
無効状態に変更されます。
※承認フロー内の承認者が、すべて無効になった場合、その承認フローを介した操作を行えなくなります。

 

一時停止状態のユーザの情報利用

  説明 詳細
所有名刺宛のメール配信 配信できる
(One to Oneは不可)
一時停止状態のユーザを差出人とするメール配信は行えなくなります。
情報の閲覧 閲覧できる 一時停止状態のユーザが保有する名刺などの情報は、アクセス権限に従って引き続き参照できます。

 

  • 一時停止したユーザも契約ID数のカウント対象になります。

 

  • ユーザを一時停止した場合、対象のユーザが所有する「名刺・コンタクト・タグ」は削除されません。(削除したい場合はユーザを削除する方法をご検討ください)

 

  • 一時停止ユーザはプロフィールページで一時停止ラベルが表示されます。

 

    • 一時停止状態は管理者により解除することができます

 

手順

1.[管理者設定] > [ユーザ追加・変更] をクリックします。

2. 対象ユーザ左にある [変更] をクリックします。

3. 対象ユーザ右にある [アカウント状況] のプルダウンをクリックします。

4. 保存を押して完了です。保存を押したタイミングで対象ユーザは強制でログアウトされます。その際、管理者、対象ユーザにメールで通知されます。

 

関連ページ

ファイルからユーザを一括追加、変更、削除する場合はこちら

この記事は役に立ちましたか?
32人中27人がこの記事が役に立ったと言っています