2023年4月Sansan Data Hub アップデート情報

リリース内容:

1. 導入ITサービスがエンリッチ項目に追加されました

2. Salesforceに登録されたレコードの取り込み間隔が10分に1回に短縮されました

 

以下では、主なリリース内容に関する詳細をご案内します。

 

 注目リリース | 対象:Sansan Data Hub全般

Sansan Data Hub全般に係るリリース内容は以下の通りです。

 

1.導入ITサービスがエンリッチ項目に追加されました

「導入ITサービスカテゴリ」と「導入ITサービス」がエンリッチ項目として表示できるようになりました。
導入ITサービスの情報を利用することで、営業やインサイドセールスは営業先の選定や企業理解の足がかりとなり、効果的にアプローチが可能となります。

※画面イメージはSalesforce®️連携のイメージです。


■Salesforceに追加された項目
【取引先/リード】
・導入ITサービスカテゴリ(sci_ttag_adoptedItServiceCategory__c)
・導入ITサービス(sci_ttag_adoptedItService__c)

 

※注意事項

・Salesforce連携のお客様はSansan_CIパッケージv1.57以降、Sansan Data Hub Connectivityパッケージv1.18以降でご利用いただけます。最新パッケージのインストールおよびアップデートは、下記の手順でご対応ください。
 ① 最新のSansan_CIパッケージをインストールする。
 ② Sansan連携項目の設定を行う。
・本対応に合わせ、権限セットに新たな項目を追加しています。プロファイルで権限を管理されているお客様は、新たに追加された項目に対する権限の付与が必要になります。
また、各オブジェクトのページレイアウトで項目の追加を行なってください。

 

※SalesforceはSalesforce.com,Inc.の商標であり、許可の下で利用しています。

 

注目リリース | 対象:Salesforce連携

Salesforce連携に係るリリース内容は以下の通りです。

 

2. Salesforceに登録されたレコードの取り込み間隔が10分に1回に短縮されました

 

Salesforceに登録された取引先・取引先責任者・リードのレコードに対してSansan Data Hubが取り込むまでの間隔が10分に1回に短縮されました。

これまでは、1時間に1回の頻度で取り込みを行なっており、Sansan Data Hubが付与するエンリッチ情報が得られるまでにリードタイムが発生していました。

今回のリリースで、国税庁や帝国データバンク情報などのエンリッチ項目を営業活動やマーケティングに、よりスピーディに利用できるようになりました。

 

お問い合わせフォームはこちら

この記事は役に立ちましたか?
4人中2人がこの記事が役に立ったと言っています