名刺データインポート時の注意事項

外部のデータを Sansan にインポートする際の「名寄せ」に関する注意事項をご案内します。

 

はじめに

Sansan では、名刺データのインポートによって、既に Sansan に蓄積されたデータを上書き更新することは出来ません。Sansan におけるインポートとは、スキャナによる取り込みと同様に、新たに名刺情報を作成することを意味します。

インポートによる名刺情報の作成をした際、インポートデータと同一の人物を表す名刺データがあれば、自動名寄せが行われるか、又は名寄せの候補となります。

 

インポートと名寄せ① (名刺画像について)

インポート後、条件を満たすと名寄せされます。名寄せ条件等は「名寄せとは」をご参照くださいませ。

名寄せでは名刺交換日が最新のものが、最新の名刺として扱われます。インポートデータは名刺画像が存在しないため、名寄せによってインポートデータが最新名刺と扱われた場合は、元々 Sansan に登録のあった名刺は過去名刺として扱われ、名刺画像が表示されなくなります。

元々 Sansan に登録のある名刺を最新の名刺として扱う場合は、インポートデータの名刺交換日を空欄にしてください。

※インポート後に、最新名刺を変更することも可能です。操作方法は「名寄せ済み名刺の最新を入れ替える」をご参照ください。

 

インポートと名寄せ② (タグの設定)

インポート時に付与されたタグを利用し、名刺データを削除することは出来ますが、この時、元々 Sansan にあった名刺データも一緒に削除されます。名刺の新旧を入れ替える場合は、手動での操作が必要になります。操作方法は「名寄せ済み名刺の最新を入れ替える」をご参照ください。 

 

参考

「名寄せ」については、「名寄せとは」をご覧ください。