名刺データを Salesforce に転送する [App Exchange 経由]

Salesforceとの連携を設定されている場合の名刺データ転送方法についてご案内します。

※ 本ページは、旧Salesfoce連携の説明です。

通常の Salesforce連携をご利用のお客様はこちらのページをご覧ください
新方式への切り替えをご検討のお客様はこちらのページをご覧ください

 

自動転送

○名刺データ化完了数分後に自動的にリードに転送されます。
○Salesforce側で同一データがあった場合でもデータの新規作成を行います。データの更新は行いません。
○リードソース、リード状況、評価は設定できません。デフォルト値(※)が登録されます。
 (※)デフォルト値とはSalesforceで設定されている内容になります。
   Salesforceにログイン後、[設定]>[アプリケーションの設定]>[カスタマイズ]>[リード]>[項目]>
  「リードソース」or「リード状況」or「評価」にてご確認いただけます。
○「取引先」「取引先責任者」に対しては、自動転送することはできません。

 

手動転送

○特定の名刺データを、指定した更新ルール・同一判定ルールに沿って転送します。
  <更新ルール>
  「更新する」:下記「同一判定ルール」をもとに、Salesforceに同一データを確認した場合、
         そのデータを更新します
  「更新しない」:Salesforceに同一データを確認した場合、転送をスキップします
  「作成する」:Salesforceに同一データを確認した場合、新しいデータを作成します
 <同一判定ルール>
  「リード」:「会社名」と「氏名」と「e-mail1」が完全に一致すること
  「取引先」:「会社名」と「部署」が完全に一致すること
  「取引先責任者」:「会社名」と「部署」と「氏名」と「e-mail1」が完全に一致すること
 <その他の更新ルール>
  ・転送対象項目に空欄(ブランク)があった場合、salesforce側の対象項目を空欄(ブランク)で上書きはしません。
  ・メモは上書きではなく追記します。

○リードソース、リード状況、評価および名刺のメモを指定して転送することができます。
※ リードソース、リード状況、評価のデフォルト値は変更できません。

 

自動転送

自動転送では都度Salesforceに転送するやり方と、デフォルト設定として転送する2種類の方法があります。

○スキャン時に都度選択しSalesforceに転送する
スキャナで名刺を読み取るときに転送設定することができます。スキャン時にスキャナアプリにて詳細オプションの[Salesforce自動送信]ボタンをONにしてスキャンしてください。

 

○スキャン時にデフォルトでSalesforceに自動転送するよう設定する
① ホーム画面右上の「メニュー」を選択

 

② メニューの「システム設定」を選択

 

③ システム設定の「動作モード設定」を選択

 

④ 下記の「[Salesforce自動送信]をデフォルトONとする」を選択し、[更新]を押します。

 

手動転送

○名刺詳細画面から名刺データをSalesforceに転送する

(1)転送する名刺の名刺詳細画面を表示し、以下画面の通りメモ欄下のアイコンをクリックします。

 

(2)「リード」「取引先」「取引先責任者」いずれかを選択し、オプション設定した上で、[選択した全ての名刺を転送]ボタンをクリックしてください。
Salesforceへ転送されます。

 

○指定した名刺データをSalesforceに転送する
(1)名刺検索などを行い、転送対象とする名刺のチェックボックスにチェックを入れてください。
※この場合、1回の転送件数は最大200件となります。

 

(2) 画面中段 の [Salesforce転送] を選択してください。

 

(3)「リード」「取引先」「取引先責任者」いずれかを選択し、オプション設定した上で、[選択した全ての名刺を転送]ボタンをクリックしてください。Salesforce へ転送されます。