Sansan

項目アクセス許可の確認

名刺データを転送するには、Salesforce側でリード・取引先・取引先責任者の項目に対し、アクセスを許可している必要があります。

※ 本手順は Salesforce の Developer Edition を例に作成しています。Professional Edition をご利用で、プロファイルの項目レベルセキュリティが表示されない場合は、こちら をご参照下さい。

 

手順

 1. 画面右上 [設定] > 画面左 [管理者設定] > [ユーザの管理] > [ユーザ] をクリックします。

 

2. Sansan で認証したSalesforceアカウントの [プロファイル] をクリックします。

 

3. 項目レベルセキュリティにて [リード] [取引先] [取引先責任者] を参照します。

 

リード

以下の項目の [参照可能] にチェックが入っているか確認します。チェックが入っていない場合、[編集] をクリックし、チェックを入れて保存します。

会社名 / 名前 / 役職 / 電話 / 携帯 / Fax / メール / 説明 / 住所 / Web サイト / 名刺ID / 名刺交換日 (※) / タグ (※)

※ Sansan の転送条件の設定で「転送する名刺の項目」として設定し、カスタム項目を作成している場合

 

 

取引先

以下の項目の [参照可能] にチェックが入っているか確認します。チェックが入っていない場合、[編集] をクリックし、チェックを入れて保存します。

取引先名 / 取引先 部門 / 電話 / Fax / Web サイト / 住所(請求先) / 住所(納入先) / 名刺ID

 

 

取引先責任者

以下の項目の [参照可能] にチェックが入っているか確認します。チェックが入っていない場合、[編集] をクリックし、チェックを入れて保存します。

名前 / 部署 / 役職 / 電話 / 携帯 / その他の電話 / Fax / メール / 説明 / 住所(郵送先) /
住所(その他) / 名刺ID / 名刺交換日 (※) / タグ (※)

※ Sansan の転送条件の設定で「転送する名刺の項目」として設定し、カスタム項目を作成している場合

 

 

Professional Edition をご利用の場合

画面右上 [設定] > 画面左 [アプリケーションの設定] > [カスタマイズ] をクリックします。

 

リード

1. [リード] > [ページレイアウト] をクリックします。

2. [リード情報] に以下項目があることを確認し、無い場合はパレットからドラッグし、表示項目に追加します。

会社名 / 名前 / 役職 / 電話 / 携帯 / Fax / メール / 説明 / 住所 / Web サイト / 名刺ID / 名刺交換日 (※) / タグ (※)

※ Sansan の転送条件の設定で「転送する名刺の項目」として設定し、カスタム項目を作成している場合


(例:「Fax」を追加する)

 

3. 変更内容を保存します。

 

取引先

1. [取引先] > [ページレイアウト] をクリックします。

2. [取引先情報] に以下項目があることを確認し、無い場合はパレットからドラッグし、表示項目に追加します。

取引先名 / 取引先 部門 / 電話 / Fax / Web サイト / 住所(請求先) / 住所(納入先) / 名刺ID

 

3. 変更内容を保存します。

 

取引先責任者

1. [取引先責任者] > [ページレイアウト] をクリックします。

2. [取引先責任者情報] に以下項目があることを確認し、無い場合はパレットからドラッグし、表示項目に追加します。

名前 / 部署 / 役職 / 電話 / 携帯 / その他の電話 / Fax / メール / 説明 / 住所(郵送先) /
住所(その他) / 名刺ID / 名刺交換日 (※) / タグ (※)

※ Sansan の転送条件の設定で「転送する名刺の項目」として設定し、カスタム項目を作成している場合

 

3. 変更内容を保存します。