Sansan

宛先に指定したタグ件数と配信件数に差異がある [メール配信]

宛先に指定したタグの件数と、メールの配信件数に差異がある場合、以下のような原因が考えられます。

宛先選択画面で「利用できる宛先がありません」と表示される場合も同様です。

 

考えられる原因

利用できない宛先が含まれる

  1. Email1が空欄である名刺が含まれる
    • リストを宛先に選択した場合:作成したリストを開き、Email1欄が空欄である人物が含まれていないかをご確認ください。
    • タグを宛先に選択した場合:タグ名を条件に検索をしてダウンロードし、Email1欄が空欄である名刺が含まれていないかご確認ください。タグ名を条件にした名刺検索の手順はこちら
  2. 非公開の名刺または一部の項目が非公開(氏名、重要度、会社情報、Email1)である名刺が含まれる
    • 名刺の所有者ユーザとメール配信を設定するユーザが異なる場合、参照できる名刺数に差異が生じることがあります。
  3. データ化中の名刺となった名刺が含まれる
  4. 差出人である名刺所有者のメールアドレスに、登録されたドメイン以外が含まれる
    • ドメイン設定済みでOne to Oneメールを利用する場合のみ

 

除外される宛先が含まれる

  1. 配信拒否リスト、ブラックリストの名刺が含まれる
  2. 不達リストの名刺が含まれる
    • 配信ステータスが[ユーザ不明][ホスト不明][受信拒否][解析不能]の場合は、フィルター管理の不達リストに自動で追加され、次回の配信対象から除外されます。
  3. メールアドレスが重複している名刺が含まれる
  4. 同一人物の名刺が複数含まれる
    • 最新のもの以外は配信対象から除外されます

 

この記事は役に立ちましたか?
27人中16人がこの記事が役に立ったと言っています