スキャン時に「ScanSnapの電源が切断されました」というエラーが表示される

スキャン時に「ScanSnapの電源が切断されました」というエラーが表示された場合の対処法をご案内いたします。

 

対処法

1. スキャナの電源、タブレットPCとの接続を確認してください。
 スキャナの電源が点灯していない場合
  スキャナのコンセント・ケーブル類の抜き差しを行なってください。

 タブレットPCと正常に接続できていない場合
  タブレットPCのケーブル類の抜き差しを行なってください。
  ※ USBは別のポートに差し直してください。
  ※ ドッキングステーション(台座)のランプが点灯しているかご確認ください。


2. ScanSnapサポートツールの状態を確認してください。
 Sansanスキャナアプリを終了し、スタート画面のタスクバー右下、
 ▲マークの中にある Sのマークに赤い取り消し線が表示されているかご確認ください。
 取り消し線が無い場合、接続できている可能性があるので再度スキャンを行なってください。


3. ScanSnapサポートツールの修復を行ってください
左下のWindowsスタートボタン (窓のアイコン)、またはタブレットPCの画面の下の中心にあるボタンを押して、スタート画面を表示させ、下記の操作を行なってください。

<表示しているアイコンが5~6つの場合>
右から左へスワイプ (指をなぞって) して下さい。
左下の○のついた白い矢印「↓」クリックしてください。

右側から左側へなぞって下さい。次のページに移動するので、「Scansnapマネジャーサポートツール」をクリックしてください。(人の形をしたアイコンです。)


<表示しているアイコンが10個以上ある場合>
右から左側へなぞって下さい。次のページに行くので、人の形をしたマーク「Scansnapマネジャーサポートツール」をクリックしてください。

ScanSnapマネジャーサポートツールをクリックしてポップアップを表示させます。
「修復(すべてのプログラム)」をクリックします。
別のポップアップ画面「ユーザアカウント制御」が立ち上がるので「はい」を選択してください。
別のポップアップ画面「ScanSnap接続修復」が立ち上がるので「実行」を選択してください。
チェックが開始されます。



修復が完了したらスキャナの蓋を閉めて開けてください。
Sのマークに赤い取り消し線が表示されていなければ、正常にスキャナを認識しておりますので再度スキャンを行なってください。