Sansan

Salesforce 自動転送の設定

Salesforce連携機能には、自動転送と手動転送があります。本ページでは、自動転送の設定方法についてご案内いたします。

※ 手動転送の設定方法についてはこちら

 

ポイント

  • 本機能の利用には、システム管理者権限が必要です。
  • 本機能の利用には、Salesforce側での設定が必要です。
  • Web API機能を含む Salesforce のエディションで利用できます。詳細はこちら
  • 自動転送と手動転送は両立できません。いずれか一方をご選択ください。

 

事前準備

連携するには、事前にSalesforce側で以下2点を設定する必要があります。設定されていないと4. 転送の有効と無効で転送テストに失敗しますので、必ずご対応ください。

  1. Salesforce転送用カスタム項目の作成
  2. 項目アクセス許可の設定

 

手順概要

  1. Salesforceとの認証
  2. 転送ユーザの設定
  3. 転送条件の設定
  4. 転送の有効と無効

 

設定画面へのアクセス方法

[管理者設定] > [外部サービス連携] > [Salesforce] をクリックします。

 

1. Salesforceとの接続

[Salesforce の連絡先を追加]をクリックします。 



接続環境を指定し、[認証へ進む] をクリックします。

 

Salesforce の認証画面に遷移します。[ユーザ名] [パスワード] を入力し、[ログイン] をクリックします。

 

[許可] をクリックします。

 

[次へ進む] をクリックします。
※認証に失敗する場合はこちら
※別のアカウントで認証する場合は、[Salesforceとの接続を解除] をクリックしてください。

 

2. 転送ユーザの設定

[転送ユーザ追加] をクリックし、[名刺を転送するSansanユーザ] と [転送先のSalesforceアカウント] を選択します。
※選択には、[Salesforce連携] の権限を持つユーザのみ表示されます。

 

ユーザ追加が完了したら、[次へ進む] をクリックします。

 

3. 転送条件の設定

転送方法の設定

自動転送を選択します。

 

転送先として設定できるのはどちらか一方です。

 

 

「取引先」及び「取引先責任者」

転送する名刺の範囲を選択します。指定した名刺交換日や名刺登録日 (=スキャン日) 以降の名刺のみを転送することができます。

 

取引先

取引先に転送する名刺の項目を設定します。

 

取引先の同一判定ルールを設定します。

会社IDが同一であること Sansan において、同一会社として扱われているかで判断します。Sansan から転送されていない取引先は更新しません。
「取引先名」が同一であること Sansan の [会社名] と比較します。
「取引先名」「取引先部門」
が同一であること
Sansan の [会社名] [部署名] と比較します。
「取引先名」と住所の一部が同じであること 詳細はこちら

 

取引先責任者

取引先責任者に転送する名刺の項目を設定します。

 

取引先責任者の同一判定ルールを設定します。

人物IDが同一であること Sansan において、同一人物として扱われているかで判断します。Sansan から転送されていない取引先責任者は更新しません。
「取引先名」「姓」「名」
が同一であること
Sansan の [会社名] [氏名 (姓)] [氏名 (名)] と比較します。
メールアドレス
が同一であること
Sansan の [email1] と比較します。

設定が完了後、[次へ進む] をクリックします。4. 転送の開始と停止

 

「リード」(Sales Cloud 限定)

転送する名刺の範囲を選択します。指定した名刺交換日や名刺登録日 (=スキャン日) 以降の名刺のみを転送することができます。

 

リードに転送する名刺の項目を設定します。

 

リードの同一判定ルールを設定します。

人物IDが同一であること Sansan において、同一人物として扱われているかで判断します。Sansan から転送されていないリードは更新しません。
「会社名」「姓」「名」
が同一であること
Sansan の [会社名] [氏名 (姓)] [氏名 (名)] と比較します。
メールアドレス
が同一であること
Sansan の [email1] と比較します。

設定が完了後、[次へ進む] をクリックします。

 

4. 転送の有効と無効

サンプル名刺を送る転送先Salesforceアカウントを選択し、[転送テスト] をクリックします。転送に成功しましたら、[自動転送を開始] をクリックします。

※ 名刺データは即時ではなく、徐々に転送されます。
※ 転送テストに失敗する場合はこちら
※ Salesforce連携のよくある質問はこちら