Salesforce連携の新旧方式の違いについて

Salesforce連携が新しくなりました。新しい連携方式では、以前の AppExchange を利用した連携に比べ、様々な機能が拡充しています。こちらでは、新旧方式の違いについてご案内します。

 

新方式のポイント

  • 連携可能な Salesforce Edition が拡大しました。
  • 名刺交換日とタグを転送できるようになりました。
  • 取引先と取引先責任者にも自動転送できるようになりました。
  • 取引先と取引先責任者の転送内容を1件ずつ確認しなくても、まとめて転送できるようになりました。
  • 転送する名刺の項目を選択できるようになりました。

更に表示する

 

ご利用の方式の確認、及び新方式への切り替えについてはこちら

 

新旧方式の比較表

  旧方式 新方式
対象の Salesforce Edition Sales Cloud の下記 Edition のみ
  • Unlimited Edition
  • EnterPrise Edition
  • Professional Edition
Web API を利用できる Edition
詳しくはこちら
接続方法 「Sansan For AppExchange」
(専用パッケージ)
Web API
転送できる Salesforce
の組織
Sansanユーザごとに Salesforce の組織を分けて転送することができます。 Salesforce の複数の組織に対して転送することができます。
また、Sandbox環境でも転送可能です。
SansanユーザとSalesforceアカウントの紐付き 名刺を転送するSansanユーザ1人につき、転送先のSalesforceアカウントを1人設定できます。 名刺を転送するSansanユーザ1人につき、転送先のSalesforceアカウントを1人設定できます。
Sansan側の設定 管理者 ユーザに [Salsesforce連携] の権限を付与します。
  • ユーザに [Salsesforce連携] の権限を付与します。
  • 各ユーザと転送先 Salesforce アカウントを紐付けます。
ユーザ 転送先 Salesforce アカウントを登録します。 設定は不要です。
Salesforce側の設定 概要
  • インストール用パッケージインストール
  • カスタムリンク、カスタムボタン、カスタム項目の設定
  • 項目のアクセス許可の設定
  • カスタム項目、カスタムボタンの設定 (カスタムボタンは任意)
  • 項目のアクセス許可の設定
カスタム
項目
リード:会社ID
取引先:なし
取引先責任者:なし
リード:名刺ID・名刺交換日・タグ
取引先:名刺ID
取引先責任者:名刺ID・名刺交換日・タグ
カスタム
ボタン
リード:会社ID
取引先:なし
取引先責任者:なし
リード:人物情報
取引先:会社情報
取引先責任者:人物情報
その他の転送・更新ルール Sansan から転送する名刺の項目が空欄 (ブランク) であった場合、Salesforce の対象項目を空欄 (ブランク) で上書きしません。 Sansan から転送する名刺の項目が空欄 (ブランク) であった場合、Salesforce の対象項目を空欄 (ブランク) で上書きします。
Sansan の [メモ] は、Salesforce の [説明] を上書きではなく、追記します。 Sansan の [メモ] は、Salesforce の [説明] を上書きします。
リード転送時、Sansan 側の [部署] [メモ]は、Salesforce  の[説明]へ転送されます。 リードへSansan 側の[部署]情報は転送できません。
転送する名刺の項目の選択 選択できません。 必須項目を除き、Sansan が指定する項目の中から選択できます。
転送済みの名刺の検索 Sansan の詳細検索で検索できます。 Sansan の画面で検索することはできません。
Salesforce転送先の選択 ユーザは、以下より転送先を都度選択できます。
  • 取引先
  • 取引先責任者
  • リード
管理者は、設定画面でどちらか一方の転送先を選択できます。ユーザは変更できません。
  • 「取引先」および「取引先責任者」
  • 「リード」 (Sales Cloud 限定)

 

転送条件

自動転送

  旧方式 新方式
転送対象の名刺 リード タブレットPCでスキャンした名刺
(詳細オプションで [Salesforce自動送信] を ON にします)
  • タブレットPCでスキャンした名刺
  • スマートフォンで撮影した名刺
  • インポートした名刺
  • 手入力で新規作成した名刺
  • 登録内容を修正した名刺
取引先 -
  • タブレットPCでスキャンした名刺
  • スマートフォンで撮影した名刺
  • インポートした名刺
  • 手入力で新規作成した名刺
  • 登録内容を修正した名刺
取引先
責任者
-
  • タブレットPCでスキャンした名刺
  • スマートフォンで撮影した名刺
  • インポートした名刺
  • 手入力で新規作成した名刺
  • 登録内容を修正した名刺
同一判定の定義 リード Salesforce の既存データは更新せず、新規作成します 以下より1つ選択できます。
  • 人物IDが同一であること
  • 「取引先名」「姓」「名」が同一であること
  • メールアドレスが同一であること
取引先 - 以下より1つ選択できます。
  • 会社IDが同一であること
  • 「取引先名」が同一であること
  • 「取引先名」「取引先部門」が同一であること
取引先
責任者
-
  • 人物IDが同一であること
  • 「取引先名」「姓」「名」が同一であること
  • メールアドレスが同一であること

 

手動転送

  旧方式 新方式
1度に転送できる名刺データの件数 リード 200件まで 200件まで
取引先 200件まで (転送時に内容を1件ずつ確認する必要があります。) 200件まで
取引先
責任者
200件まで (転送時に内容を1件ずつ確認する必要があります。) 200件まで
同一判定の定義 リード 「会社名」と「氏名」と「e-mail1」が同一であること 以下より1つ選択できます。
  • 「会社名」「姓」「名」が同一であること
  • メールアドレスが同一であること
取引先 「会社名」と「部署」が同一であること 以下より1つ選択できます。
  • 「取引先名」が同一であること
  • 「取引先名」「取引先部門」が同一であること
取引先
責任者
「会社名」と「氏名」と「e-mail1」が同一であること 以下より1つ選択できます。
  • 「取引先名」「姓」「名」が同一であること
  • メールアドレスが同一であること