Sansan

名刺をデータ化する「入力ルール」について

Sansan で名刺をデータ化する「入力ルール」については、下記を参照下さい。

名刺は、入力希望言語に指定した言語が記載されている面を入力いたします。
入力を希望する面に、複数の言語が記載されているような場合は、いずれかの言語のみ選択してください。

 

1. Sansan で入力する名刺の対象について

▼入力する名刺の原則

・日本語、英語、中国語、韓国語、ドイツ語、フランス語の何れかで記載されている (ただし、中国語・韓国語、ドイツ語、フランス語は品質保証外)

・人名の記載がある (飲食店を除き、ショップカード等は不可)

・文字が印字されている (手書きは不可)

・名刺大のサイズである

・名刺画像が鮮明である (名刺画像が途切れる、印字が滲む等によりオペレーターが判読できない場合は不可) 

 

▼入力されない名刺

・人名のないショップカード等いわゆる個人の名刺でないもの

・名刺画像が途切れていたり、不鮮明のためオペレータが読み取れないもの

※ 会社名および氏名が読み取れる名刺は、読み取れる項目のみ入力します。

・日本語、英語、中国語、韓国語、ドイツ語、フランス語以外の言語のみで書かれているもの

 

 

2.入力する名刺の項目について

▼入力する項目の原則

・入力希望言語に指定した言語が記載されている面の会社名、部署名、役職、姓名、住所、TEL、FAX、携帯、Email、URL を入力します。

(会社名カナ、姓カナ、手書き文字、日付はベストエフォートで入力いたします。)

・会社名、氏名、TEL、e-mail以外が入力面の裏側に書いてある場合は、入力面に記載のある情報のみがデータ化されます。

 

3.入力する名刺の内容について (どのように入力されるか)

▼入力内容の原則

・IME で変換可能な文字を入力

・「見たまま入力」(スペースの有無はベストエフォートとさせて頂きます)

▼Sansan が自動転換して入力する場合

・会社名の記載がない場合「(なし)」と入力します。

・法人格の省略は、省略せずに入力します。(例 : (株) → 株式会社)

※「会社名」以外の項目は表記通り見たまま入力します。

・Email と URL の大文字 → 小文字に変換 (URL のドメイン以下は見たまま) 入力します。

・丁目、地、号の記載は基本的に「-」に変換して入力します。(例 : 1丁目2地3号 → 1-2-3)

・姓名がすべてカタカナで記載されている場合は、姓と名を分けずに姓に入力します。

・英数字、記号、空白に関して半角で入力します。

 

▼外国語を入力する場合

・部署役職は「役職」欄に入力します。

・アルファベット住所は「町域・番地」欄に全て入力します。

 

▼手書き文字について

・データ化対応している手書き文字は手書き日付け、および訂正文字のみとなります。
※ ただし、訂正文字については訂正対象に取り消し線がある場合に限ります。
※ 手書き文字の入力は、表記によって読み取りが困難な場合がありますので、あくまでベストエフォートでの対応となります。

 

4.その他

▼入力不可となった場合の扱い

・入力不可文字「●」の取り扱い

画像が不鮮明、文字が途切れている場合などで、オペレータが判読できない文字、姓名に 含まれる対応漢字コード以外の文字(以下「対応漢字コードについて」参照)については、 入力不可文字「●」が入力されます。

 

▼対応漢字コードについて

Microsoft IME で変換可能な漢字に対応します。 変換できない漢字については、姓名の項目は入力不可文字「●」にて入力します。 姓名以外の項目については、代替漢字に変換して入力します。 なお、入力された漢字が機種依存文字の場合は、一部の環境 (主に携帯電話) では表示できないことがあります。