Sansan

【Sansan Data Hub】Salesforce 重複ルールを作成する (SLC モード向け)

概要

ここでは、Sansan Data Hub が付与する SLC(拠点識別コード)・CI 人物 ID(人物識別コード)をもとにした重複ルールの作成方法についてご案内いたします。
なお、本ページは「SLC(拠点単位)モード」かつ「パッケージバージョン 1.42 以降」をご利用のお客様向けのページになります。

「パッケージバージョンが 1.41.2 以前」のお客様は、こちらから設定手順をご確認ください。

※Salesforce へインストール済のパッケージバージョン番号の確認方法はこちらです。
※SOC モード・SLC モードについてはこちらです。

 

手順

1. Sansan 一致ルールの修正

1. 画面右上の歯車アイコン から[設定]へ移動後、[クイック検索]に「重複」と入力 > [一致ルール]をクリックします。

 

2.(取引先) Sansan 一致ルールをクリックします。

 

3.「無効化」ボタンをクリックします

 

4.無効化が完了したら、「編集」ボタンをクリックし、「一致条件」の項目「SOC(システム)」を「SLC」に修正。「保存」ボタンをクリックします。

 

【修正イメージ】

 

5. [有効化]をクリックして、設定した一致ルールを適用します。

 

以上で Sansan 一致ルールの修正は完了です。

 

2. 重複ルールの設定

1. 画面右上の歯車アイコン から[設定]へ移動後、[クイック検索]に「重複」と入力 > [重複ルール]をクリックします。

 

2. [新規ルール]をクリックし、Sansan Data Hub と連携するオブジェクト(取引先・取引先責任者・リード)を選択します。

 

3. 重複ルールの「ルール名」と「レコードレベルセキュリティ」を設定します。

ルール名:下記表からオブジェクトに対応したルール名を確認し、コピーして設定してください。
※下記のルール名以外を設定した場合、重複レコードを確認するためのレポートに反映されない可能性がございます。

オブジェクト ルール名
取引先 取引先の重複ルール(Sansan)
取引先責任者 取引先責任者の重複ルール(Sansan)
リード リードの重複ルール(Sansan)

 

レコードレベルセキュリティ:組織の共有ルールで一致ルールが比較するレコードをどのように決定するかを指定します。

< 共有ルールを適用 >  
一致ルールは、ユーザにアクセス権があるレコードのみを比較し、作成された重複の可能性があるレコードのリストにはユーザにアクセス権があるレコードのみが含まれます。
< 共有ルールをスキップ > 
一致ルールは、ユーザのアクセス権に関係なくすべてのレコードを比較しますが、作成された重複の可能性があるレコードのリストには、ユーザにアクセス権があるレコードのみが含まれます。

 

 

4. アクションでは、「レポート」にチェックを入れます。
※「アラート」にはチェックを入れないでください。

 

5.「一致ルールの設定」にて設定した一致ルールを指定します。
※ここでは、取引先オブジェクトに対する一致ルールを指定しています。
取引先責任者/リードオブジェクトに対して重複ルールを作成する場合は、それぞれ対応した一致ルールを指定します。

 

6. [有効化]をクリックして、設定した重複ルールを適用します。

 

以上で重複ルールの設定は完了です

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています