Sansan

2023年12月Sansan Data Hubアップデート情報

リリース内容:

1. 「拠点公開情報」がエンリッチ項目に追加されました(※サービス提供開始日:調整中)

2. 帝国データバンクの「創業年月」がSalesforceへ連携されました

 

以下では、主なリリース内容に関する詳細をご案内します。

 

 注目リリース | 対象:Sansan Data Hub全般

Sansan Data Hub全般に係るリリース内容は以下の通りです。

連携方法 Salesforce連携 Marketo連携 SATORI連携 CSV連携 API連携
項目追加の有無
 

 

 

1. 「拠点公開情報」がエンリッチ項目に追加されました(※サービス提供開始日:調整中)

すべての連携方式において、貴社が持つ企業データに対し、その拠点名や住所、電話番号といった拠点の情報が付与されます。

上記の情報は「拠点公開情報」として追加され、事業所ごとのマーケティングや営業活動にご活用いただけます。

※「拠点公開情報」とは…当社が収集した拠点の公開情報。

※現在提供中のSansanCI(拠点)は、お客様がもつ情報の中から最新のものを抽出したものです。今回の拠点公開情報は、Sansan社が独自に収集した情報となります。

 

▼項目イメージ

※画面イメージはSalesforce連携の場合となります。

 

▼関連ページ
【Sansan Data Hub】連携項目・エクスポート項目の一覧

【Sansan Data Hub】オブジェクト一覧

 

注目リリース | 対象:Salesforce連携

Salesforce連携に係るリリース内容は以下の通りです。

 

2. 帝国データバンクの「創業年月」がSalesforceへ連携されました

SalesforceのSansan連携設定画面から、「創業年月」を選択して連携できるようになりました。

これにより、周年記念企業へのお祝い送付や、アプローチする際のフィルタ条件としてご活用いただけます。

 

▼項目イメージ

 

▼利用開始手順

※最新パッケージのインストールおよび設定作業が必要です。下記の手順でご対応ください。

※Salesforceにインストール済のパッケージバージョン番号の確認方法はこちらです。

【Sansan_CIパッケージv1.58未満の場合】
①最新のSansan_CIパッケージをインストールする。
 Sansan連携項目の設定を行う。

【Sansan_CIパッケージv1.58以上の場合】

①最新のSansan_CIパッケージをインストールする。

②「Sansan連携項目タブ」で項目を選択し「項目の作成・更新を開始」を押して設定を行う。

 

▼関連ページ:

【Sansan Data Hub】帝国データバンク(TDB)項目の対比表

Sansan_CIパッケージv1.58リリースのご案内

【Sansan Data Hub】Sansan連携項目の設定手順



お問い合わせフォームはこちら

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています