Sansan

【Sansan Data Hub】Salesforce Integration License を利用する場合の設定方法について

概要

ここでは Sansan Data Hub との連携に Salesforce Integration License を利用する場合の設定手順をご案内いたします。

 

手順

1. 権限セットの作成

 

パッケージには Integration License 用の権限セット「Sansan データ連携実行ユーザ(標準オブジェクト権限無し)」が含まれています。しかし、標準オブジェクトへの権限が含まれていないため、下記手順で標準オブジェクトへの権限セットを作成します。

 

1-1 画面右上の歯車マークから設定をクリックします

 

1-2 「ホーム」のクイック検索欄に「権限セット」と入力し、結果の「権限セット」→「新規」ボタンの順でクリックします。

 

1-3 任意の表示ラベル、API 参照名、説明を入力します。ライセンスは必ず「Salesforce API Integration」を選択し、「保存」ボタンをクリックします

 

1-4 「オブジェクト設定」をクリックします。

 

1-5 「取引先」「取引先責任者」「リード」について権限の設定をしてください。

「オブジェクト権限」と「項目権限」をすべて有効にすることを推奨いたします。

※「項目権限」は画像のように表上部のチェックを入れていただくと簡単にご設定いただけます

 

2. 権限の付与

 

2-1 クイック検索窓に「ユーザー」と入力して結果として出てきた「ユーザー」をクリックし、一覧から連携用に新規作成したユーザを選択します。

※画像では例として「連携専用ユーザ」としています。

 

2-2 「権限セットの割り当て」をクリックし、下記 2 つの権限セットを追加したら「保存」ボタンをクリックします。
 
▼ 付与していただきたい権限セット
①Sansan データ連携実行ユーザ(標準オブジェクト権限なし)
②手順「1.権限セットの作成」で作成した権限セット
 
※ 画像では例として「Sansan データ連携実行ユーザ(標準オブジェクト用)」という名称で作成しています。

 

2-3「権限セットの割り当て」に画像のように 2 つの権限セットが表示されていたら、設定完了です。

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています