Sansan

転送先ユーザ設定の詳細について

転送ユーザ設定では、Sansan内の名刺をSalesforceのどのアカウントへ転送するかをユーザ単位で設定することができます。

初めてのSalesforce連携設定時には、メールアドレスの一致判定を元に、SansanユーザとSalesforceユーザを自動で紐付けます。それ以降に追加したユーザは自動で紐付けされません。転送先は手動で設定する必要があります。

 

転送元となるSansanユーザの条件

転送対象となるのは、初めてSalesforce連携設定を行ったユーザ(API Key所有者)が名刺を参照できる範囲のユーザのみです。([転送先ユーザ設定・確認]画面に表示されるユーザ)

 

転送先となるSalesforceユーザの条件

Salesforce連携機能を利用して名刺情報を任意のSalesforceユーザへ転送するためには、そのユーザに対して、「名刺」オブジェクトへアクセスできるユーザライセンスが設定されている必要があります。
※ 「Chatter External・Chatter Freeライセンス」のユーザは転送先として選択できません。

Salesforceユーザライセンスの詳細は以下URLをご確認ください。
Salesforceヘルプ ユーザライセンス

ライセンス設定に加えて、ユーザが「名刺」オブジェクトを利用するための権限設定が必要となります。権限設定の詳細はこちら

 

自動紐付けの条件

初めてのSalesforce連携設定時に表示する設定画面は、Sansanに登録されているユーザのメールアドレスとSalesforceで登録されているユーザ名を突合させ、自動で転送リストを生成しています。
以下のSansanユーザには、Salesforce連携で認証を行ったユーザが紐付けされます。

    • 「Chatter External・Chatter Freeライセンス」のSalesforceユーザと一致したユーザ
    • メールアドレスとSalesforceユーザ名が一致せず、自動で紐付けができなかったユーザ
    • Salesforce連携設定を行った後に追加されたユーザ
この記事は役に立ちましたか?
7人中3人がこの記事が役に立ったと言っています