Sansan

Salesforce連携とは / ご利用可能な Salesforce エディションについて

契約プランによってはご利用いただけません。
ご利用を希望される場合は、担当営業もしくはサポートセンターへお問い合わせください。

Salesforce連携とは、Sansanに取り込まれた名刺データをSalesforceへ転送し、情報を連携させる機能です。Sansanの名刺データはSalesforceの [名刺] オブジェクトへ転送され、そこから[取引先] [取引先責任者] または [リード] オブジェクトへ関連づけることが可能です。

 

 

利用条件

  • 本機能の利用には、管理者権限が必要です。
  • ご利用可能なSalesforce エディションは以下です。

 

ご利用可能なSalesforce エディション

Web API機能を含むエディションで利用できます。
利用を開始するときは利用環境の運用に合わせて設定を行ってください。

製品  エディション
Sales Cloud Professional (※1)
Enterprise
Unlimited
Service Cloud(※2) Professional (※1)
Enterprise
Unlimited
Salesforce Platform Starter (※2) (※3) Enterprise
Unlimited
Salesforce Platform Plus (※2) (※3) Enterprise
Unlimited

(※1)Salesforce側で別途料金が発生します。

(※2)ご利用にはマーケティングユーザライセンスが必要です。詳細につきましてはSalesforce社にお問い合わせください。
(※3)リードオブジェクトを連携対象外とする場合にご利用可能です。パッケージインストール時には Platform Administrator ライセンスをもつユーザで実行してください。

 

注意事項

  • Salesforce連携は Sansan の単一組織と Salesforce の単一組織(Single-Org)を接続します。その他の接続方法による連携をご希望の場合は、仕様外のケースも想定されるため、事前に営業担当までお問合わせください。
  • Salesforce Shield にはバージョン1.28以前のAppExchangeパッケージは対応していません。詳細はこちらのヘルプをご確認ください。

 

※ Salesforce は salesforce.com, inc. の商標であり、許可のもとで使用しています。

 

この記事は役に立ちましたか?
15人中7人がこの記事が役に立ったと言っています