Sansan

Salesforceとの認証/SansanアカウントとSalesforceアカウントのマッピング設定

Sansan側で実施するSalesforce連携設定についてご案内します。

ポイント

  • 本機能は、有料オプションです。ご契約がお済みでない場合は、営業担当までお問合わせ下さい。
  • 設定実行には、Sansan側のシステム管理者権限とAPI連携権限、Salesforce側のシステム管理者権限が必要です。(Sansanの権限付与方法については こちら)
  • Web API機能を含む Salesforce のエディションで利用できます。詳細はこちら
  • 設定完了後、転送開始まで3営業日ほどかかります。
  • 名寄せ処理時間や転送枚数によって、Salesforce側への反映まで時間がかかる場合があります。 

設定手順

1.設定画面へのアクセス方法

Sansanへログインし、右上より[管理者設定] > [外部サービス連携] へ遷移し、 [Salesforce]タブ をクリックします。

 
2. Salesforceとの接続

[Salesforce の設定を開始]をクリックします。



接続環境を指定し、[認証へ進む] をクリックします。

 

Salesforce の認証画面に遷移します。[ユーザ名] [パスワード] を入力し、[ログイン] をクリックします。

 

[許可] をクリックします。

3. 転送先ユーザの設定・確認

SansanとSalesforceのアカウントを紐づけるため、ユーザ設定を行います。 [設定を開始]をクリックします。

Sansanユーザに登録されているメールアドレスと、Salesforceアカウントに登録されているメールアドレスを照合した一覧が作成されています。
メールアドレスが一致せず自動で紐づけができなかったユーザは、Salesforce連携を行ったユーザを紐づけています。
連携先を変更したい場合は、右端の[変更]より転送先変更を実施してください。


 
※転送先ユーザ設定の詳細な仕様についてはこちらをご確認ください。

転送先アカウントの確認ができましたら、[設定完了]をクリックしてください。

設定完了後、転送開始まで3営業日ほどかかります。
転送が開始されましたら、弊社よりSalesforce連携申込者様へメールにてお知らせいたします。