Sansan

Salesforceとの認証 / SansanアカウントとSalesforceアカウントの紐づけ設定

Salesforceと連携するにあたり、Sansanで行う初期設定についてご案内します。

ポイント

  • 本機能は、有料オプションです。ご契約がお済みでない場合は、営業担当までお問合わせ下さい。
  • SalesforceのWeb API機能を含むエディションで利用できます。詳細はこちら
  • 転送が開始された後も、一度に取り込んだ名刺の枚数や名寄せ処理の量によって、Salesforceに転送されるまで時間がかかる場合があります。
  • 連携設定を行うユーザは、Sansan・Salesforceそれぞれ以下の権限が必要となります。

    <Sansan> (権限付与方法については こちら)
    ・システム管理者権限とAPI連携権限

    <Salesforce>
    以下すべての権限。
    ・システム管理者権限
    ・権限セット「Sansanデータ連携実行ユーザ」
     (Salesforce画面の[設定] から、[クイック検索] ボックスに「権限セット」と入力し選択)

設定手順

1. 画面右上の[<自分の名前>さん]>[管理者設定]>[外部サービス連携]をクリックします。

[外部サービス連携]画面が表示されます。

※連携設定においては連携設定用の専用ユーザを作成し、当該ユーザにて設定することを推奨します。
※連携設定を行ったユーザから閲覧できる全ての名刺がSaleforce へ連携されます。連携名刺を限定したい場合は、連携設定ユーザ専用の部署を作成し、こちらを参考に部署間の閲覧範囲を設定し、連携名刺を制限して下さい。
※連携設定後に連携設定ユーザの閲覧範囲を変更した場合、新たに閲覧が可能になった過去名刺は自動で連携されません。過去名刺を連携したい場合はサポートセンターへ以下内容をお知らせください。

 【件名】Salesforce連携 過去名刺の連携希望
 【説明】
   依頼内容:過去名刺の連携希望
   会社名:
   連携希望のSalesforce組織ID:
   閲覧範囲を変更したユーザのユーザID: 
 【お問い合わせ用件】その他

 

2. [Salesforce]タブで[Salesforce の設定を開始]をクリックします。



3. 接続先環境を選択し、[認証へ進む]をクリックします。

 

4. Salesforceのユーザ名とパスワードを入力し、[ログイン]をクリックします。

ログインに成功すると、アクセス許可の画面が表示されます。  

※SalesforceにてIPアドレス制限を設定されている場合はお問合せフォームより件名に「Salesforce連携に伴うIPアドレス開示依頼」と記載の上ご依頼下さい。

 

5. 内容を確認して[許可]をクリックします。

認証が完了し、アカウントの紐づけについての説明が表示されます。


6. [設定を開始]をクリックします。

SansanのアカウントとSalesforceのアカウントを照合した一覧が表示されます。


7. SansanのユーザとSalesforceアカウントが正しく紐づいているかどうかを確認します。

SansanユーザのメールアドレスとSalesforceアカウントのユーザ名が同一だった場合、自動で転送先として紐づけされます。
同一のメールアドレスとユーザ名が見つからない場合、連携を行ったユーザのSalesforceアカウントに紐づけされます。

8. 転送先のSalesforceユーザを変更したい場合は、以下のいずれかの方法で設定してください。

※転送先を変更しない場合は手順9に進みます。

  • 1ユーザずつ変更する場合

ユーザの右側にある[変更]をクリックすると、 [転送先の変更]画面が表示されます。


 

  • 複数のユーザを一括で変更したい場合

[ファイルからの読み込み]ボタンをクリックし、表示された画面の指示に従って、CSVファイルを読み込んでください。

 

9. アカウントの紐づけが完了したら[設定完了]をクリックします。

設定状況のステータスは[Salesforce]タブのトップの一覧でご確認ください。

この記事は役に立ちましたか?
8人中6人がこの記事が役に立ったと言っています