Sansan

ユーザが「名刺」オブジェクトを利用するための権限設定

概要

AppExchangeからインストールされた状態では、一般のユーザーは「名刺」オブジェクトを利用できません。利用を開始する前に権限設定を行います。
※ 本コンテンツはSalesforceの設定について説明したものです。Salesforceへ管理者権限でログインしてご確認ください。

1.プロファイルの設定画面

システム管理者権限をもつSalesforceアカウントでログイン後、[設定]>[管理]>[ユーザ]>[プロファイル]と移動します。

 

2.プロファイルの設定方法

※権限設定を行うには、「カスタムプロファイル」を使用する必要があります。

 

標準プロファイルを利用している場合:
「標準ユーザ」などの標準プロファイルを利用している場合は、利用しているプロファイルをコピーしてカスタムプロファイルを作成後、ユーザにそのプロファイルを適用します。

プロファイルの詳細を開くと[カスタムプロファイル]という項目があり、チェックがある場合はカスタムプロファイルです。ここでは「標準ユーザ」プロファイルをコピーして作成した「名刺利用」プロファイルで説明します。

 

2-1.項目レベルセキュリティの設定

プロファイルの項目レベルセキュリティの設定をします。

 

①取引先

「取引先」の右側にある「参照」をクリックし、「編集」をクリックします。
以下の項目にチェックを入れ、「保存」をクリックします。

  参照アクセス権 編集アクセス権
Sansan 会社 ID(システム)  ○
SOC(システム)  ○

 

②取引先責任者

「取引先責任者」の右側にある「参照」をクリックし、「編集」をクリックします。
以下の項目にチェックを入れ、「保存」をクリックします。

  参照アクセス権 編集アクセス権
CI人物ID(システム)  ○   ○
Sansan会社 ID(システム)  ○
Sansan人物 ID(システム)  ○   ○
SOC(システム)  ○

 

③リード

「リード」の右側にある「参照」をクリックし、「編集」をクリックします。
以下の項目にチェックを入れ、「保存」をクリックします。

  参照アクセス権 編集アクセス権
CI人物ID(システム)  ○
Sansan 会社 ID(システム)  ○
Sansan人物ID  ○
SOC(システム)  ○

 

④名刺

「名刺」の右側にある「参照」をクリックし、「編集」をクリックします。
全てのチェック可能な項目にチェックを入れ、「保存」をクリックします。


※画像は参考です。表示されない項目もございます。

 

⑤名刺マッピング

「名刺マッピング」の右側にある「参照」をクリックし、「編集」をクリックします。
全てのチェック可能な項目にチェックを入れ、「保存」をクリックします。


※画像は参考です。表示されない項目もございます。

 

⑥名刺設定

「名刺設定」の右側にある「参照」をクリックし、「編集」をクリックします。
全てのチェック可能な項目にチェックを入れ、「保存」をクリックします。



※画像は参考です。表示されない項目もございます。

 

名刺表示設定

「名刺表示設定」の右側にある「参照」をクリックし、「編集」をクリックします。
全てのチェック可能な項目にチェックを入れ、「保存」をクリックします。


※画像は参考です。表示されない項目もございます。

 

2-2. 有効なApexクラスの設定

Salesforce連携に利用するApexクラスの設定をします。



  1. 「有効なApexクラス」の「編集」をクリックします。
  2. 利用可能なApexクラスから以下の2つを右側の「有効化されたApexクラス」に追加して、「保存」をクリックします。
    • Sansan_CI.BizCard_PostInstall
    • Sansan_CI.BizCard_WebService

 

 

2-3.有効なVisualforceページアクセスの設定

Salesforce連携に利用するVisualforceページアクセスの設定をします。



    1. 「有効なVisualforceページアクセス」の「編集」をクリックします。
    2. 利用可能なVisualforceページから以下の12つを右側の「有効化されたVisualforceページ」に追加して、「保存」をクリックします。

      • Sansan_CI.BizCard_BaseSetting
      • Sansan_CI.BizCard_BulkLinkToView
      • Sansan_CI.BizCard_BulkRegist_Button
      • Sansan_CI.BizCard_LinkToConfirmView
      • Sansan_CI.BizCard_LinkToConfirmView_Mobile
      • Sansan_CI.BizCard_LinkToView
      • Sansan_CI.BizCard_LinkToView_Mobile
      • Sansan_CI.BizCard_LinkTo_Button
      • Sansan_CI.BizCard_NotDistribution_Button
      • Sansan_CI.BizCard_LinkTo_Sansan_Account
      • Sansan_CI.BizCard_LinkTo_Sansan_Contact
      • Sansan_CI.BizCard_LinkTo_Sansan_Lead


※画像は参考です。上述の12個のVisualforceを有効化してください。

 

2-4.カスタムタブとカスタムオブジェクト権限の設定

インストールされたカスタムオブジェクトの表示設定と権限設定を行います。
開いているプロファイル画面の上部に「編集」ボタンがあるのでクリックします。

 

①カスタムタブの設定

「名刺」、「名刺設定」の2つの項目の表示設定を行います。プルダウンから設定したい値を選んでください。「名刺」は「デフォルトで表示」に設定し、「名刺設定」は「タブを隠す」に設定を推奨します。

ドロップダウンリストの設定の種類と動作

設定の種類 動作
タブを隠す タブが表示されません
デフォルトで非表示 +タブの中にのみ表示されます
デフォルトで表示 タブに表示されます。

 

②カスタムオブジェクト権限の設定

「名刺」・「名刺マッピング」・「名刺設定」・「名刺表示設定」の4つの項目に対して、「参照」と「編集」にチェックを入れます。

  基本アクセス データ管理
  参照 作成 編集 削除 全て表示 全て変更
名刺        
名刺マッピング        
名刺設定        
名刺表示設定        
この記事は役に立ちましたか?
6人中5人がこの記事が役に立ったと言っています