Sansan

【顧客データHub(Sansan CI)】CSV形式でエクスポートする

顧客データHub(Sansan CI)のデータをCSV形式で出力する方法についてご案内します。

エクスポート手順

1.画面右上の歯車アイコンからエクスポートしたいファイルの種類をクリックします。

2.日時形式とタイムゾーンを選択し、必要であれば絞り込み条件を入力します。
条件を指定しない場合は全件が出力されます。

3.「開始」ボタンをクリックします。エクスポートファイルの生成が始まったら、完了するまで画面(ウィンドウ・タブ)は閉じないでください。

エクスポートファイルの種類

ファイル内の各項目については「出力項目一覧」をご覧ください。

1.会社エクスポート

顧客データHub(Sansan CI)に取り込まれた全会社情報の名寄せ結果と、リッチ化された情報(※1)です。会社情報の識別子であるSOC(Sansan Organization Code)が付与されます。

2.拠点エクスポート

顧客データHub(Sansan CI)に取り込まれた会社の全拠点情報の名寄せ結果です。会社情報の識別子であるSOCと、拠点情報の識別子であるSLC(Sansan Location Code)が付与されます。

3.人物エクスポート

顧客データHub(Sansan CI)に取り込まれた全人物情報の名寄せ結果と、リッチ化された情報(※1)です。会社情報の識別子であるSOC、拠点情報の識別子であるSLC、および人物情報の識別子であるCI人物IDが付与されます。

4.名刺エクスポート

Sansanに取り込まれた名刺のリッチ化された情報(※1)です。出力項目は以下のとおりです。

No. ヘッダ名 項目 備考
1 id Sansan 名刺ID  
2 exchangeDate 名刺交換日  
3 registeredTime 名刺登録日  
4 updatedTime 名刺情報更新日  
5 owner_id 名刺所有者ユーザID  
6 owner_name 名刺所有者ユーザ名  
7 owner_email 名刺所有者ログインメールアドレス  
8 lastName  
9 firstName  
10 lastNameReading 姓(カナ)  
11 firstNameReading 名(カナ)  
12 departmentName 部署  
13 title 役職  
14 email メールアドレス  
15 mobile 携帯電話番号  
16 companyName 組織名  
17 postalCode 郵便番号  
18 address 住所  
19 prefecture  
20 city 市区町村  
21 street 番地  
22 building ビル名  
23 tel 電話番号(1)  
24 secondTel 電話番号(2)  
25 fax FAX番号  
26 url URL  
27 memo メモ  
28 entryStatus 入力ステータス "completed":データの入力が完了した名刺 "processing":データを入力中の名刺 "unreadable":データの入力ができなかった名刺
29 isUserCreated ユーザ作成フラグ "True":ユーザの手入力による作成 "False":名刺取込による作成 

その他追加項目は「出力項目一覧」をご覧ください。

5.取込CSVエクスポート
顧客データHub(Sansan CI)にインポートされたCSVファイルの情報とリッチ化(※1)された情報です。
実際にメニューに表示される名称は、お申し込み時に設定シートで設定した内容になります。

(※1)リッチ化された情報とは、国税庁公開の登記情報、帝国データバンク社提供の企業情報、ならびに顧客データHub(Sansan CI)が独自に付加した役職ランクや部署・職種分類情報などを指します。

よくある質問

Q:名寄せの結果はどのように確認できますか?
A:「会社エクスポート」「拠点エクスポート」「人物エクスポート」から、会社、拠点、人物単位での名寄せ結果のダウンロードが可能です。

Q:取込CSVエクスポートではどのような情報が出力されますか?
A:取り込まれたCSVファイルの各データの末尾にリッチ化された情報が付与されます。

例)以下のCSVファイルを顧客データHub(Sansan CI)へインポートしたとします。
※個人コードとはお客様のシステムで管理している識別コード(社員番号など)とします。

この例では、個人コード「0001」と「0004」の人物は同一人物ですが、異なる個人コードが付与されています。
また「0004」の情報では部署情報が欠落しています。

この情報を顧客データHub(Sansan CI)に取り込んだのちにエクスポートすると、以下のように情報が付加されます。

個人コード「0001」と「0004」は同一人物と判定されたため、CI人物IDは同じ値が付与されています。

また、個人コード「0004」はインポート時に部署情報が欠落しているので、エクスポートしても欠落した状態で出力されます。これを「人物エクスポート」によって出力されるCSVファイルを見ることで、この人物についての最新情報を確認することができます。

以下は人物エクスポートで出力できるCSVの例です。

Q:重複データはどのように確認できますか?
A:取込んだCSVデータをエクスポートし、SOC(会社)、SLC(拠点)、CI人物IDの各値の重複を確認してください。

Q:産業分類の一覧はありますか?
A:TDB産業分類表をご覧ください。顧客データHub(Sansan CI)から出力される産業分類はこの細分類です。

Q:産業分類を大分類や中分類で抽出できますか?
A:TDB産業分類表をご覧になり、主業コード・従業コードで「上2桁が”85”から始まるもの」などで検索・抽出してください。

Q:エクスポートファイルに「法人番号」や「TDB企業コード」などのリッチ化された項目は含まれますか?
A:含まれます。エクスポートファイルに含まれる項目については「出力項目一覧」をご覧ください。

Q:会社や人物の最新情報はどのように確認できますか?
A:会社情報の最新情報については、取込CSVもしくは「会社エクスポート」により、国税庁や帝国データバンク社から付与された企業情報を出力してご確認下さい。人物は名寄せで最新と判定された情報を表示しています。

Q:「エクスポートファイルの生成を開始しました」という画面から動かなくなりました。
A:ブラウザのキャッシュをクリアして、再度ダウンロードをお試しください。

Q:エクスポートした内容が明らかに「取り込んだ件数」よりも少なくなっています。
A:インポート時に内部処理エラーが発生していた可能性があります。「CSVインポート」をご確認ください。