Sansan

兼務している人物の名刺を管理する

登録した名刺が名寄せの条件に当てはまっている場合、たとえ別の企業の名刺でも名寄せされる可能性があります。名寄せによって同一人物と判定された場合は、より日付の新しい名刺だけが検索結果に表示され、古い方の名刺は過去名刺として扱われます。そのような場合、別人に設定することによってそれぞれの名刺を個別に検索結果に表示させることが可能です。

 

ポイント

  • 過去名刺は検索結果に表示されないため、確認するためには名寄せされた古い名刺を表示させる必要があります。手順はこちらのページの2枚目の画像を参照ください。
  • 別人に設定した場合でも、後から同じ人物の名刺がSansanに登録された場合は、都度同一人物として自動名寄せされる可能性があります。その場合は、別人に設定し直す必要があります。
  • 別人に設定した場合は人物IDが分かれるため、人物詳細画面は別のページになります(人物詳細画面の詳細はこちら)。

 

 

別人に設定する方法

名寄せの状態を解除してください。操作方法はこちら

 

 

別人に設定した状態で名刺を紐付けておく場合の運用方法

名刺詳細画面から名刺のURLを手動でコピー(こちらの5番を参照)し、もう片方の名刺のメモ欄に貼り付けておく運用をご検討ください。

  

関連ページ

この記事は役に立ちましたか?
1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています