Sansan

ファイルの作成方法と入力ルールについて[Salesforce連携]

Salesforceと連携するにあたり、名刺の転送先ユーザをCSVファイルを用いて一括で設定する際の、ファイルの作成方法と入力ルールをご案内します。

 

ファイルの作成方法

[Sansanのメールアドレス] に対して、[転送先Salesforceのユーザ名]を紐づけたいユーザ名に変更してください。

ファイルに記入された行の内容のみ、インポート結果に反映されます。(行を削除しても、インポート後の[転送先ユーザの設定・確認]画面の情報は削除されません。)

 

ファイルの入力ルール

項目名 必須項目 説明
Sansanのメールアドレス Sansanのログインに利用しているメールアドレスを使用してください。Sansan1ユーザにつき1行のみ記載できます。
転送先のSalesforceユーザ名 Salesforceアカウントに設定しているメールアドレスでなく、ログインに使用しているユーザ名を入力してください。

CSVフォーマットについて、以下条件が満たされている必要があります。

  • 文字コードは [UTF8]
  • カンマ(,)区切り
  • ヘッダ名は「書き出し」したときと同じ文言である

 

その他の入力ルール

  • ファイル容量上限の目安は25MBまで(およそ70,000ID分)。
  • 書き出した際に付与していた以外の列がある場合は、その列の内容はインポート結果に反映されません。
この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています