Sansan

【Sansan Data Hub】Salesforce認証と権限セットの設定

概要

本コンテンツは、Sansan Data Hub を初めてご利用になるお客様が対象です。
Sansan Data Hub をお申し込みいただいてから運用開始できるようになるまで、複数のステップがあります。ここでは運用開始までに必要となる作業について概要をご案内します。
各ステップにおける詳細な手順は、リンク先のサイトをご参照ください。

 

1. Sansan Data Hub へのログインとパスワード変更

  1. ブラウザを起動し、以下のURLへアクセスします。
    https://www.datahub.sansan.com/

  2. ログイン画面が表示されますので、必要情報を入力してログインします。

     

    ※ 初回ログイン時は、パスワード変更を求められます。パスワードの変更作業をお願いします。

 

2. Salesforce 認証の実行

  1. 画面右上の歯車マークをクリックして、[Salesforce 認証情報]を選択します。

     

  2. 「接続先環境」に間違いがないことをご確認のうえ、[認証]をクリックします。

     

  3. Salesforce の認証画面に移動します。Salesforce のユーザ情報(システム管理者権限をもつユーザ)を入力して、[ログイン]をクリックします。



    ※ここでログインしたユーザの権限でSalesforce への書き込みを行います。適切な権限をもったユーザでログインをするようご留意ください。
    ※ログイン時に「Bad Request」エラーが表示される場合、Salesforce組織のIPアドレス制限が起因している可能性があります。Sansan Data Hubで使用しているIPアドレスに関しては担当者へお問い合わせください。

     

  4. ログインに成功すると、アクセス許可の画面が表示されます。内容を確認して[許可]をクリックします。



  5. 認証が完了すると、Sansan Data Hub の Salesforce 認証情報のステータスが「認証済」に変わります。

 

3. Salesforce 権限セットの設定

Salesforce 認証ユーザに「Sansan データ連携実行ユーザ」権限セットを付与します。

  1. Salesforce へシステム管理者でログインします。
  2. 画面右上の歯車アイコンから、[設定]をクリックします。
  3. [クイック検索]に「権限セット」と入力して、選択します。
  4. [Sansan データ連携実行ユーザ]をクリックします。
  5. [割り当ての管理] > [割り当てを追加]をクリックします。
  6. ユーザの一覧が表示されるので、Salesforce 認証で使用したユーザを選択し、[割り当て]をクリックします。
  7. [完了]をクリックして保存します。

 

4. Sansan-Salesforce ユーザマッピングを設定する

こちらの手順に従ってユーザマッピングの設定を行ってください。

以上で作業完了です。

 

この記事は役に立ちましたか?
5人中4人がこの記事が役に立ったと言っています