Sansan

【顧客データHub(Sansan CI)】Salesforce認証とユーザマッピング

概要

本コンテンツは、顧客データHubSansan CI)(以下Sansan CI)を初めてご利用くださるお客様が対象です。
顧客データHubSansan CI)をお申し込みいただいてから運用開始できるようになるまで、複数のステップがございます。ここでは運用開始までに必要となる作業について概要をご案内いたします。
各ステップにおける詳細な手順は、リンク先のサイトをご参照ください。


1. 顧客データHubSansan CI)へのログインと、パスワード変更

  1. ブラウザを起動し、以下のURLへアクセスします。
        https://account.ci.sansan.com/

  2. ログイン画面が表示されますので、必要情報を入力してログインします。



  3. 初回ログイン時は、パスワード変更を求められます。パスワードの変更作業をお願いいたします。


2. Salesforce認証

  1. ブラウザのシークレットウィンドウを開き(※)、以下のURLへのアクセスをお願いいたします。
        ※意図せぬアカウントでSalesforce認証することを予防するためです。
        https://sci-prod-salesforce-oauth.sci-prod-ase01.p.azurewebsites.net/

  2. ログイン画面が表示されますので、必要情報を入力してログインします。



  3. 以下の認証画面が表示されますので、Salesforceの連携先組織(「本番」または「Sandbox」)を選択したうえで 「Salesforce認証を行う」ボタンをクリックしてください。



  4. Salesforceの認証画面に移りますので、Salesforceのユーザ情報(システム管理者権限をもつユーザ)を入力して、ログインします。

 

3. Sansan - Salesforce ユーザマッピングを設定する

  1. Sansanへログインします。ここでログインするアカウントは、連携専用に作成したユーザーでログインしてください。
      https://ap.sansan.com/v/Home/

  2. 画面右上の[<自分の名前>さん]>[管理者設定]>[外部サービス連携]をクリックします。[外部サービス連携]画面が表示されます。



    ※連携設定後に連携設定ユーザの閲覧範囲を変更した場合、新たに閲覧が可能になった過去名刺は自動で連携されません。過去名刺を連携したい場合はサポートセンターへお問い合わせください。

  3. [Salesforce]タブを選択し、該当する「接続先環境」と「認証アカウント」を確認して[編集]ボタンをクリックします。




  4. [2.転送先ユーザの設定・確認画面が表示されます。この画面でSansanユーザとSalesforceユーザの紐つけ・マッピングを設定します。
    紐付けられたユーザ同士が、名刺情報の所有者情報を引き継ぎます。
    同一のメールアドレスとユーザ名が見つからない場合、連携を行ったユーザのSalesforceアカウントに紐づけされます。



  5. 転送先を変更する場合は[変更]をクリックします。
    転送先のSalesforceユーザを選択し、[OK]ボタンを押します。



  6. アカウントの紐づけが完了したら[設定完了]をクリックします。

    ※[設定完了]ボタンがクリックされない場合、弊社側の後続作業が開始できませんので、恐れ入りますが必ず実施をお願いいたします。

    設定完了後、転送開始まで5~7営業日ほどかかります。


以上で作業完了となります。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています