Sansan

名刺情報を取引先責任者に手動で関連づけを行う

概要

SalesforceAppExchangeパッケージ「Sansan」をインストール後、Salesforce上で[名刺]および[名刺設定]オブジェクトが利用可能となります。
ここでは[名刺]オブジェクトから手動で[取引先責任者]への名刺関連づけを行う手順をご案内いたします。
[名刺設定]オブジェクトの各項目については[名刺設定]オブジェクト項目概要をご参照ください。
本コンテンツはSalesforceの設定について説明したものです。Salesforceへ適切な権限をもったユーザでログインしてご確認ください。

 

関連づけを行う人物を[名刺]オブジェクトから選択する

  1. [名刺]オブジェクトを開く

    Salesforceへ管理者権限でログイン後、タブから[名刺]をクリックしてください。




  2. [名刺]リストビューから「私の関連づけがない名刺」を選択する

    自分が所有者となっている名刺の中で、まだ関連づけがされていない名刺がリストアップされます。

    関連づけを行いたい名刺をクリックします。


     


関連づけ先の取引先責任者を選択

名刺の人物が既に取引先責任者に登録されている場合、「関連づけ先」リストに表示されます。この画面では以下のアクションが可能です。

① 既に登録されている[取引先責任者]に関連づける
② 既に登録されている[取引先]に、新規に[取引先責任者]を作成する
③ 新規に[取引先]と[取引先責任者]を作成する
④ 新規に[リード]を作成する

今回はすでに登録されている取引先責任者へ名刺の関連づけを行います。
①のレコードの「選択」にチェックを入れ、「名刺を関連づける」をクリックします。

 

転記設定画面




関連づけ内容の確認

既に登録されている情報が表示されます。
名刺の情報と、既に登録されている現在の値を比較しながら、上書き更新する項目を確認します
更新情報があるものは[!]マークで通知されます。




内容を確認し、画面上部または下部にある「保存」ボタンをクリックします。


関連づけ情報の確認

取引先責任者の詳細画面で今回関連づけた名刺のデータで情報が更新されていることが確認できます。


 

以上で[名刺]データの関連づけができました。

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています