Sansan

【顧客データHub】ご利用までの流れ(Salesforce連携)

概要

Salesforce連携をお申し込みいただいてから運用開始できるようになるまで、複数のステップがございます。

ここでは運用開始までどのような作業を実施する必要があるか、概要をご案内いたします。各ステップにおける詳細な手順はリンク先のサイトをご参照ください。

※Salesforce連携機能は有償オプションとなっております。まだご契約がお済みでない場合、営業担当までお申し付けください 。

 

ご利用までの流れ

STEP 1 利用開始までの準備

STEP 2 Salesforce との接続設定

STEP 3 連携開始・データの検証

 

STEP 1 利用開始までの準備

1-1. 顧客データHub管理者アカウントの定義

設定シートの「管理者設定」に必要事項を記入し、導入担当までお送りください。受領後、約5営業日程度でアカウント情報とログインURLをメールでご案内いたします。

 

1-2. Salesforceパッケージインストール(AppExchangeの導入)

こちら従ってパッケージをインストールしてください。

 

1-3. Salesforceへカスタム項目を作成

以下のURLを実行して、取引先/取引先責任者/リードの各オブジェクトへリッチ化用のカスタム項目を作成するパッケージをインストールしてください。

 

■ 本番環境用パッケージ
https://login.salesforce.com/packaging/installPackage.apexp?p0=04t2v000002WRxA

 

■ 検証環境用(Sandbox)パッケージ
https://test.salesforce.com/packaging/installPackage.apexp?p0=04t2v000002WRxA

 

1-4. Salesforce初期設定

  1. Salesforce上で名刺・名刺設定をタブ表示する
  2. 取引先責任者/リードに関連づけ名刺を表示させる
  3. 名刺設定オブジェクトの推奨設定手順
    1. 関連づけ設定
    2. 手動関連づけ設定(自動関連づけ機能を利用する場合も設定が必要です)
  4. ユーザが「名刺」オブジェクトを利用するための権限設定
  5. Sansanの名刺情報を表示させる

 

STEP 2 Salesforceとの接続設定

2-1. Salesforce連携専用ユーザの作成

こちらの手順に従って連携専用のユーザを作成してください。

 

2-2. Salesforce認証とユーザマッピング

こちらの手順に従って認証とユーザマッピングの設定を行ってください。

※この作業を行うには「1-1 .顧客データHub アカウントの作成」の作業を完了し、アカウント情報を受領している必要があります。

 

2-3. Salesforce重複ルールの変更

こちらの手順に従って顧客データHubが付与するSOC(会社識別コード)とCI人物ID(人物識別コード)をもとにした重複ルールを作成します。

 

2-4. 顧客データHub設定シートへ必要事項の記入

設定シートのSalesforceシートに必要事項を記入し、導入担当までお送りください。
オレンジ色のセルが編集可能な領域となっておりますので、設定例ご覧いただきながら適切な設定を記述ください。
設定シートの受領後、約10営業日程度で顧客データHubに設定が反映されます。設定完了後、メールでご連絡します。

顧客データHub 設定シート.xlsx

 

STEP3 連携開始/データの検証

3-1. Salesforce自動関連づけ設定

こちらの手順に従って名刺オブジェクトから各標準オブジェクトへの自動関連づけ設定を行ってください。
自動関連づけを有効にすると、名刺情報が取引先/取引先責任者/リードへ登録・更新されます。

 

3-2. データの検証

意図した通りに正しく連携されているかのご確認をお願いします。

 

参考資料

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています