Sansan

【Sansan Data Hub】連携専用ユーザの作成

概要

Sansan上の名刺データを Sansan Data Hub と連携させる場合は、専用ユーザを作成することをお勧めします。
個人のSansanユーザでデータ連携を設定すると、そのユーザが異動して権限が変更された際、または退職してユーザを削除(無効化)した際にデータ連携が止まってしまう恐れがあります。
また、Sansan Data Hub へデータ連携される名刺は、「連携に利用したユーザが閲覧できる全ての名刺」が対象となるため、ユーザの権限を変更することで、意図せぬデータ連携が行われてしまうリスクもあります。

以下の手順で連携専用ユーザを作成してください。

 

 

1. 連携専用の部署を作成する

  1. [<自分の名前>さん]>[管理者設定]>[部署追加・編集・削除]をクリックします。


    ※初めてアクセスするときは「管理者設定ご利用の際しての注意事項」が表示されますので、内容を確認したうえで「注意事項を理解して、管理者設定機能を利用する」ボタンを押します。

  2. Salesforce連携用の部署を追加します。


    a. すでにある部署の配下に新しく追加する場合

     追加したい部署の隣にある[追加]をクリックしてください。


    b. どの部署にも属さない部署を新しく追加する場合

    [全体]の隣にある[追加]をクリックしてください。

     

  3. 追加する部署名を入力します。

     

     

  4. 部署が追加されたことを確認します。

 

2. 連携専用ユーザを作成する

  1. [管理者設定] > [ユーザ追加・変更] をクリックします。

     

  2. [ユーザ追加] をクリックします。

     

  3. 必要な項目に情報を入力してください。ユーザ区分としては「システム管理者」を選択します。
    ※所属部署は必ず上記1 で作成した連携用の部署を指定してください。

     

  4. 権限として、Salesforce連携に必要となる「API機能」の権限も付与してください。

     

  5. [保存]ボタンを押してください。設定内容の確認画面が表示されるので、問題なければ[OK]をクリックします。

     

3. アクセス権限パターンを作成する

名刺の項目単位でアクセス権限を絞り込む場合は、[アクセス権限パターン]を作成します。もし項目単位での制御が必要ない場合は、デフォルトで用意されている[ALL]を使用してください。
※[ALL]はすべての項目を参照可能なアクセス権限パターンです。

  1. [管理者設定] > [ユーザ追加・変更] をクリックします。

    ※初めてアクセスするときは「管理者設定ご利用に際しての注意事項」が表示されますので、内容を確認し「注意事項を理解して、管理者設定機能を利用する」ボタンを押します。

     

  2. [「アクセス権限パターン」を新規作成、変更する]をクリックします。

     

  3. [パターン選択]から「新規」を選び、[パターン名][説明]を記載します。
    名刺情報、タグ、コンタクトの中からアクセスを許可する項目を選択し、[設定追加] をクリックします。

     

4. 連携専用部署・ユーザに対してアクセスコントロール制御を設定する

  1. [アクセス権限設定]の画面にて、[一括変更] をクリックします。

     

  2. 連携専用の部署に対するアクセス権限を設定します

     

    例えばSalesforce連携用に所属するユーザが、営業部の名刺(全項目)と技術部の名刺(一部項目)しかアクセスできないように制限したい場合、以下のように設定します。

     

  3. 設定を完了後、[確認]をクリックします。

     

  4. 変更内容を確認後、問題が無ければ [保存] をクリックします。(変更箇所は赤色で表示されます)

     

     

 

以上で作業完了です。

 

この記事は役に立ちましたか?
3人中3人がこの記事が役に立ったと言っています