Sansan

【顧客データHub】名刺設定オブジェクトの推奨設定手順(手動関連づけ)

概要

SalesforceにAppExchangeパッケージ「Sansan_CI」をインストールしましたら、Salesforce上で[名刺]および[名刺設定]オブジェクトを利用可能となります。

Sansanに取り込まれた名刺情報は自動的に[名刺]オブジェクトへ転送されますが、転送された名刺情報を取引先 / 取引先責任者 / リードへの関連づけや上書き更新を実行するためには、あらかじめ[名刺設定]オブジェクトで関連づけや転記マッピングの設定をしておく必要があります。

ここでは[名刺設定]オブジェクトで最初に設定すべき推奨設定と、その手順をご案内いたします。

※ [名刺設定]オブジェクトの各項目については名刺設定オブジェクト項目概要をご参照ください。
※ 本コンテンツはSalesforceの設定について説明したものです。Salesforceへ管理者権限でログインしてご確認ください。

 

[名刺設定]オブジェクトを開く

Salesforceへ管理者権限でログイン後、タブから[名刺設定]をクリックしてください。 

もしタブに[名刺設定]が見つからない場合、Salesforce上で名刺・名刺設定をタブ表示するを参照して、タブに[名刺設定]を追加してください。

 

「手動関連づけ」の推奨設定

基本設定のタブの中から「手動関連づけ」を選択してください。

 

「機能を有効または無効にする」の設定

以下の図のようにすべてにチェックを入れてください。「新規作成時の所有者」は「名刺所有者」または「作業者」から選択が可能です。

 

「その他の設定」の推奨設定

入力欄には、「取引先責任者」には【C】と記入されており、「リード」には【L】と記入されていることを確認します。


確認後、リード取引開始時の設定で「設定を変更する」をクリックします。




リード取引開始項目の対応付け

画面内で「取引先」をクリックします。

それぞれの項目に対するプルダウンにおいて、以下の表のように設定をしてください。

リード項目 取引先項目
CI人物ID なし
Sansan人物ID なし
Sansan会社ID Sansan会社ID
Sansan人物情報 なし
Sansan会社情報 なし
SOC SOC


続いて「取引先責任者」をクリックします。



ここでは各項目とプルダウンを以下の表のように設定します。

リード項目 取引先項目
CI人物ID CI人物ID
Sansan人物ID Sansan人物ID
Sansan会社ID Sansan会社ID
Sansan人物情報 なし
Sansan会社情報 なし
SOC SOC


続いて「商談」をクリックします。




各項目とプルダウンを以下の表のように設定します。

リード項目 取引先項目
CI人物ID なし
Sansan人物ID なし
Sansan会社ID なし
Sansan人物情報 なし
Sansan会社情報 なし
SOC なし

以上の設定を完了したら、画面右下の[保存]ボタンをクリックします。

設定の保存を完了しましたら、名刺設定の画面に戻るためにタブの[名刺設定]をクリックしてください。



「取引先」の検索条件

ページ中央部に「設定先」というプルダウンがあります。このプルダウンから「取引先」を選択してください。

プルダウンから「取引先」を選択後、下部の「関連づけ先の検索条件」では表のように設定してください。


推奨設定

項目名 設定値
会社名 法人格を除いて完全一致検索
郵便番号 なし
都道府県 なし
市区郡 なし
電話 チェックなし
FAX チェックなし
Webサイト チェックなし

 

「取引先責任者」の検索条件設定

「設定先」のプルダウンから「取引先責任者」を選択します。

「設定先」の下部にある「関連づけ先の検索条件」では表のように設定してください。



推奨設定

項目名 設定値
名前 姓+名
メール チェックなし
携帯 チェックなし

 

「リード」の検索条件設定

ページ中央部に戻り、「設定先」のプルダウンから「リード」を選択します。

「設定先」の下部にある「関連づけ先の検索条件」では表のように設定してください。

 

推奨設定

項目名 設定値
会社名 法人格を除いて完全一致検索
名前 姓+名
郵便番号 チェックなし
都道府県 チェックなし
市区郡 チェックなし
電話 チェックなし
FAX チェックなし
Webサイト チェックなし
メール チェックなし
携帯 チェックなし

 

設定の保存

ここまでの設定を完了したら、ページ最下部の左側にある[保存]ボタンをクリックします。



以上で[名刺設定]は推奨される設定になりました。

この記事は役に立ちましたか?
3人中2人がこの記事が役に立ったと言っています