Sansan

【Sansan Data Hub】名刺設定オブジェクトの推奨設定手順(手動関連づけ)

概要

SalesforceAppExchangeパッケージ「Sansan_CI」をインストールすることで、[名刺]および[名刺設定]オブジェクト利用可能となります

Sansanに取り込まれた名刺情報は自動的に[名刺]オブジェクトへ転送されますが、転送された名刺情報を取引先 / 取引先責任者 / リードへの関連づけや上書き更新を実行するためには、あらかじめ[名刺設定]オブジェクトで関連づけや転記マッピングの設定をしておく必要があります。

ここでは[名刺設定]オブジェクトで最初に設定すべき推奨設定と、その手順をご案内いたします。

※ [名刺設定]オブジェクトの各項目については名刺設定オブジェクト項目概要をご参照ください。
※ 本コンテンツはSalesforceの設定について説明したものです。Salesforceへ管理者権限でログインしてご確認ください。

 

  1. 手動関連づけの設定画面
  2. 「手動関連づけ」で設定可能な項目
  3. 検索条件の設定
  4. 取引先/取引先責任者/リードの設定
  5. 設定の保存

 

1. 手動関連づけの設定画面

  1. システム管理者権限をもつSalesforceアカウントでログイン後、[名刺設定]タブをクリックします。



    ※ [名刺設定]タブが見つからない場合は、こちらをご参照ください。


  2. 基本設定のタブの中から「手動関連づけ」を選択してください。

 

 

2. 「手動関連づけ」で設定可能な項目

機能を有効または無効にする

名刺情報の関連づけや新規作成/更新にかかわる機能の有効、無効を設定します。

 

オプション名 影響範囲 説明
名刺を関連づける 手動関連づけ/自動関連づけ 名刺の関連づけを行うかを設定します。
※本オプションを有効化しない場合、自動関連づけ機能が動作しません。
名刺情報から新規作成 手動関連づけ 名刺情報から取引先/取引先責任者/リードを新規作成するかを設定します。
名刺情報を転記 手動関連づけ 既に存在する取引先/取引先責任者/リードに対して、名刺情報を使用して更新を行うかを設定します。
名刺情報を一括で転記 手動関連づけ 一括関連づけを有効にするかを設定します。
※一括手動関連づけ機能については、こちらの「複数名刺に対して一括関連づけを行う」をご参照ください。
新規作成時にキャンペーンを設定 手動関連づけ 名刺情報からリードを新規作成時に、特定のキャンペーンを紐付けられるようにするかを設定します。
ToDo を設定 手動関連づけ 名刺情報から取引先責任者/リードを新規作成時に、ToDoを入力できるようにするかを設定します。
新規作成時の所有者 手動関連づけ/自動関連づけ 名刺情報から取引先・取引先責任者/リードを新規作成した際に設定する所有者を「名刺所有者」と「作業者」から選択します。

 

その他の設定

      1. 名刺の一括関連づけ画面にて、取引先責任者とリードを区別するための接頭辞を指定します。



        デフォルトでは、取引先責任者は【C】/リードは【L】が設定されています。


        ※一括関連づけでの関連づけ先/新規作成の選択画面

      2. [リード取引開始時の設定]の横にある[設定を変更する]をクリックします。



      3. [取引先]タブへ移動します。



        表の内容で対応付けを行ってください。

        リード項目 取引先項目
        CI人物ID(システム) (設定先なし)
        Sansan人物ID (設定先なし)
        Sansan会社ID(システム) Sansan会社ID(システム)
        SOC(システム) SOC(システム)


      4. [取引先責任者]タブへ移動します。



        表の内容で対応付けを行ってください。

        リード項目 取引先項目
        CI人物ID(システム) CI人物ID(システム)
        Sansan人物ID Sansan人物ID(システム)
        Sansan会社ID(システム) Sansan会社ID(システム)
        SOC(システム) SOC(システム)


      5. [取引先]/[取引先責任者]に対する設定を完了後、画面右下の[保存]ボタンをクリックします。

      6. 再度[名刺設定]タブにアクセスします。

 

名刺関連づけ先の表示項目の設定

「取引先責任者個別登録画面」と「リード個別登録画面」で設定する項目について

名刺レコードの[名刺関連づけ] にある[関連づけ先]にて、どの取引先責任者/リードに関連づけるべきかを判断する際に使用する項目を指定します。



ここで設定した項目が関連づけ先の一覧に表示されます。

 

「取引先責任者一括登録画面」と「リード一括登録画面」で設定する項目について

一括関連づけにて関連づけ先を選択する際、どの取引先責任者/リードに関連づけるべきかを判断するために使用する項目を指定します。



ここで設定した項目が関連づけ先の選択画面に表示されます。

 

3. 検索条件の設定

最下部にある[関連づけ先の検索条件]にて設定を行う対象のオブジェクトを、[取引先]/[取引先責任者]/[リード] から選択します。



ここで選択したオブジェクトに連動して、[関連づけ先の検索条件]の対象が切り替わります。

 

4. 取引先/取引先責任者/リードの設定

名刺レコードの[名刺関連づけ]に表示される[関連づけ先]の検索条件を指定します。検索条件を複数指定した場合は「and条件」となるため、設定する項目が多くなるほど一致条件が厳しくなります。

オブジェクト デフォルト(推奨)設定
取引先
  • 法人格を除いて完全一致検索
取引先責任者
  • 姓+名
リード
  • 法人格を除いて完全一致検索
  • 姓+名


検索条件の優先度

関連づけ先候補に表示される条件には、[関連づけ先の検索条件]に加えて[SOC/CI人物ID] と[Sansan会社ID/人物ID] が判定キーとして使用されます。判定キーの優先順位は以下の通りです。

      1. [SOC]と[CI人物ID]を使用して検索
      2. [Sansan会社ID]と[Sansan人物ID]を使用して検索
      3. [関連づけ先の検索条件]に設定されている条件で検索


※一括関連づけの関連づけ先候補には、優先順位がより高い判定キーに一致したレコードがデフォルトの関連づけ先として最上部に表示されます。

 

5. 設定の保存

設定を完了したら、ページ最下部の左側にある[保存]ボタンをクリックします。

 

以上で[手動関連づけ] タブの設定は完了です。

 

この記事は役に立ちましたか?
7人中2人がこの記事が役に立ったと言っています