Sansan

【Sansan Data Hub】名寄せ機能と活用法

概要

Sansan Data Hub Sansan・Salesforce・Marketoやその他のシステムと連携させることで、システム上に存在する顧客データの名寄せを行います。ここでは Sansan Data Hub が付与する固有識別子SOC」・「CI人物IDの説明と、これらの活用についてご案内致します。

 

※Sansan Data Hubは有償オプションです。まだご契約がお済みでない場合は、営業担当まで問い合わせてください。

 

SOCとCI人物ID

SOC(Sansan Organization Code)
Sansan Data Hub が企業や組織に対して付与するユニークな識別子。

CI人物ID
Sansan Data Hub が人物に対して付与するユニークな識別子。


同一企業レコードの抽出

図1.の例では、同一企業でありながら登録情報が異なります。

  • 会社名や住所が古い情報のまま
  • 法人格が略称で登録
  • WebサイトのURLが未登録

 

図1 企業データの重複例

 

Sansan Data Hub はこのようなレコードに対しても名寄せを可能とし、同一企業(組織)と判定できた場合は同一のSOCを付与します。

お客様は「会社名」や「住所」を用いた複雑な検索条件式を作成する必要なく、SOCが一致したレコード確認するだけで同一企業のレコードを抽出できます。

 

 

同一人物レコードの抽出

図2 の例では、同一人物でありながら登録情報が異なります。

  • 姓と名の間のスペースが半角と全角で異なっている
  • 部署名と役職が異なる

 

図2 人物データの重複例

 

Sansan Data Hub このようなレコードに対しても名寄せを可能とし、同一人物と判定できたレコードには同一のCI人物IDを付与します。

同一人物を抽出するときはSOCとCI人物IDの組み合わせで検索することで、重複登録された人物レコードの抽出が可能となります。

※重複レコードを抽出する方法はこちら

 

参考:名寄せの精度を高める方法

名寄せの精度を高めるための方法については、こちらをご参照ください。

 

この記事は役に立ちましたか?
1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています