Sansan

【Sansan Data Hub】Salesforce 重複ルールを作成する(パッケージバージョン 1.41.2 以前のお客様向け)

概要

ここでは、Sansan Data Hub が付与するコードをもとにした重複ルールの作成方法と、Salesforceで重複レコードを確認するためのレポートの作成手順についてご案内します。

なお、こちらのページはパッケージバージョン 1.41.2 以前のお客様向けになります。
1.42 以降のお客様はパッケージにコンポーネントが含まれておりますので、作成不要です。

 

1. 一致ルールの設定

次項で設定する重複ルールを設定する際に必要な一致ルールを設定します。

1. 画面右上の歯車アイコン から[設定]へ移動後、[クイック検索]に「重複」と入力 > [一致ルール]をクリックします。

 

2. [新規ルール]をクリックします。

 

3. 一致ルールを作成する先のオブジェクトをプルダウンメニューから選択します。

※ここでは例として取引先を選択していますが、Sansan Data Hub と連携する他オブジェクト(取引先責任者・リード)に対しても同様に設定してください。

 

4. 一致ルールの「ルール名」と「一意の名前」を入力します。

 

5. 各オブジェクトに対応する一致条件を設定します。

■ 取引先に対する一致条件の場合
項目には「SOC(システム)」を設定し、一致メソッドには「完全」を設定します。
※SLC モードをご利用のお客様は、項目には「SLC」を設定してください

 

■ 取引先責任者/リードオブジェクトに対する一致条件の場合
項目には「SOC(システム)」と「CI 人物 ID(システム)」を設定し、一致メソッドには「完全」を設定します。
※SLC モードをご利用のお客様は、項目には「SLC」を設定してください。

 

6. [有効化]をクリックして、設定した一致ルールを適用します。

 

2. 重複ルールの設定

[1.一致ルールの設定]で作成した一致ルールをもとに重複ルールを設定します。

1. 画面右上の歯車アイコン から[設定]へ移動後、[クイック検索]に「重複」と入力 > [重複ルール]をクリックします。

 

2. [新規ルール]をクリックし、Sansan Data Hub と連携するオブジェクト(取引先・取引先責任者・ リード)を選択します。

 

3. 重複ルールの「ルール名」と「レコードレベルセキュリティ」を設定します。

ルール名:下記表からオブジェクトに対応したルール名を確認し、コピーして設定してください。
※下記のルール名以外を設定した場合、重複レコードを確認するためのレポートに反映されない可能性がございます。

オブジェクト ルール名
取引先 取引先の重複ルール(Sansan)
取引先責任者 取引先責任者の重複ルール(Sansan)
リード リードの重複ルール(Sansan)

 

レコードレベルセキュリティ:組織の共有ルールで一致ルールが比較するレコードをどのように決定するかを指定します。

< 共有ルールを適用 >  
一致ルールは、ユーザにアクセス権があるレコードのみを比較し、作成された重複の可能性があるレコードのリストにはユーザにアクセス権があるレコードのみが含まれます。
< 共有ルールをスキップ > 
一致ルールは、ユーザのアクセス権に関係なくすべてのレコードを比較しますが、作成された重複の可能性があるレコードのリストには、ユーザにアクセス権があるレコードのみが含まれます。

 

 

4. アクションでは、「レポート」にチェックを入れます。
※「アラート」にはチェックを入れないでください。

 

5.一致ルールを指定します。
※ここでは、取引先オブジェクトに対する一致ルールを指定しています。
取引先責任者/リードオブジェクトに対して重複ルールを作成する場合は、それぞれ対応した一致ルールを指定します。

 

6. [有効化]をクリックして、設定した重複ルールを適用します。

 

以上で重複ルールの設定は完了です

 

3. レポートを作成する

3-1 レポートタイプを作成する

以下 1〜9 の手順を実施してください。

※設定方法を動画で確認する場合は「再生ボタン」をクリックしてください。

 

1. Salesforceの設定画面より、クイック検索で「レポートタイプ」と検索し、「レポートタイプ」を選択します。

 

2. 「新規カスタムレポートタイプ」をクリックし、新規にレポートタイプを作成します。

 

3. 「主オブジェクト」には、重複レコードをレポート表示させるオブジェクトを指定します。
※下記は取引先オブジェクトを例にしていますが、取引先責任者/リードオブジェクトのレポートタイプを作成する場合は、各オブジェクトを指定します。

 

4. 主オブジェクトに存在する重複レコードをレポートに表示させるために、「AtoBリレーション」に【重複レコード項目】を指定します。



5. 「レイアウトを編集する」をクリックして、レポート表示させる項目を選択します。

 

6. 参照のプルダウンより、「重複レコード項目項目(参照先)」を選択し、「参照先の項目を追加」をクリックします。

 

7. 参照先の項目をそれぞれクリックし、[すべて選択]をクリックします。

参照先のすべての項目にチェックが入っていることをご確認ください。

 

8. 「重複レコードセット」の中にある「重複ルール」の「関連項目の参照...」をクリックして、「ルール名」にチェックをいれます。

 

9. 「保存」をクリックします。

 

3-2.重複レポートを作成する

以下1〜4の手順により、重複しているレコードが存在していた場合に、レポートで可視化することができます。

1. 「新規レポート」をクリックし、各オブジェクトに存在する重複レコードを一覧表示させるレポートを新規作成します。

 

2. 「レポートタイプの作成」にて作成したレポートタイプを選択します。
※下記は取引先オブジェクトを例に指定していますが、取引先責任者/リードオブジェクトのレポート作成する場合は、各オブジェクトに対して設定したレポートタイプを指定します。

 

3. 「検索条件」にて、以下4つの条件を設定します。

  • 表示:すべての取引先
    ※取引先責任者/リードオブジェクトのレポート作成の場合は、各オブジェクトを指定します。
  • 最終更新日:常時
  • 重複レコードセット レコード件数:>1
  • 重複レコードセット 重複ルール ルール名 (2. 重複ルールの設定で設定したルール名)

 

4. 必要に応じて、「アウトライン」から表示項目を追加します。

 

※SLC モードをご利用の場合、「行をグループ化」の項目には「SLC」を選択してください

 

以上でレポートの作成は完了です。

 

作成したレポートを使用した重複レコードのマージ方法

重複しているレコードに対してマージ作業することで、データクレンジングが可能です。
手順についてはこちらをご確認ください。

 

 

この記事は役に立ちましたか?
2人中1人がこの記事が役に立ったと言っています