Sansan

【Sansan Data Hub】Salesforce 重複ルールを作成する

概要

ここでは、Sansan Data Hub が付与するSOC(会社識別コード)・CI人物ID(人物識別コード)をもとにした重複ルールの作成方法についてご案内いたします。

  1. 一致ルールの設定
  2. 重複ルールの設定
  3. レポートの作成

 

手順

1. 一致ルールの設定

 

※設定方法を動画で確認する場合は「再生ボタン」をクリックしてください。

 

1. Salesforceの設定画面より、クイック検索で「重複」と検索し、「一致ルール」をクリックします。



2. 「新規ルール」をクリックして、新規にオブジェクトごとの一致ルールを設定します。

 

3. 一致ルールを適用させるオブジェクトをプルダウンメニューから選択します。



4. 一致ルールの「ルール名」と「一意の名前」を設定します。



5. 一致条件を設定します。項目に「SOC(システム)」、一致メソッドには「完全」を設定します。
※下記は取引先オブジェクトに対する設定例となります。


※取引先責任者/リードオブジェクトに対する一致条件は、項目に「SOC(システム)」と「CI人物ID(システム)」を指定し、一致メソッドをそれぞれ「完全」を設定します。



6. 「有効化」をクリックして、設定した一致ルールを適用します。


 

 

2. 重複ルールの設定

 

※設定方法を動画で確認する場合は「再生ボタン」をクリックしてください。

 

1. Salesforceの設定画面より、クイック検索で「重複」と検索し、「重複ルール」を選択します。



2. 「新規ルール」をクリックし、オブジェクトごとの重複ルールを設定します。



3. 重複ルールの「ルール名」と「レコードレベルセキュリティ」を設定します。

※ルール名は、「取引先の重複ルール(Sansan)」など、Sansan社が案内している内容をもとに作成した重複ルールだと判別できる名前をつけてください。


※レコードレベルセキュリティとは、組織の共有ルールで一致ルールが比較するレコードをどのように決定するかを指定します。


共有ルールを適用:
 
一致ルールは、ユーザにアクセス権があるレコードのみを比較し、作成された重複の可能性があるレコードのリストにはユーザにアクセス権があるレコードのみが含まれます。

共有ルールをスキップ: 
一致ルールは、ユーザのアクセス権に関係なくすべてのレコードを比較しますが、作成された重複の可能性があるレコードのリストには、ユーザにアクセス権があるレコードのみが含まれます。


4. Salesforceレポートにて重複レコードを確認するために、「レポート」にチェックを入れます。



5. 「一致ルールの設定」にて設定した一致ルールを定義します。

※下記例は取引先オブジェクトに対する一致ルールを指定しています。
取引先責任者/リードオブジェクトに対して重複ルールを作成する場合は、それぞれ設定した一致ルールを指定します。


6. 「有効化」をクリックして、設定した重複ルールを適用します。




3. レポートの作成

重複ルールをもとにしたレポートの作成方法は、【Sansan Data Hub】重複しているレコードをレポートで確認するをご参照ください。

 

※Sansan Data Hubから既存の取引先/取引先責任者/リードに対して「SOC」・「CI人物ID」が付与された後に、本レポートを使用して重複レコードの確認・クレンジングが可能となります。

 

この記事は役に立ちましたか?
3人中3人がこの記事が役に立ったと言っています