Sansan

【顧客データHub】よくある質問 (こんなことでお困りではありませんか?)

Salesforce連携

Q : 取引先に複数のレコードタイプが存在する場合、名刺データからレコードを生成する時にはどのレコードタイプが使用されますか?

A : 自動関連づけの場合:
「名刺設定」オブジェクトの保存ボタンを最後に押したSalesforceユーザのデフォルトレコードタイプが使用されます。
手動関連づけの場合:
関連づけを行ったSalesforceユーザのデフォルトレコードタイプが使用されます。

 

Q : 自動関連づけを有効化しましたが、リッチ情報が確認できません。なぜですか?

A : リッチ情報が格納されているカスタム項目は、各オブジェクトのページレイアウトに追加しないと表示されません。
こちらをご参照の上、表示したい項目をドラッグアンドドロップで追加してください。

 

Q : 自動関連づけに失敗した場合、原因はどこから確認することができますか?

A : 「名刺」オブジェクトの「自動関連づけエラーメッセージ」項目に原因が表示されます。

 

Q : 自動関連づけが失敗する代表的な理由は何ですか?

A : SOCが重複している場合:
同一取引先が複数存在しているため、どの取引先に関連づけしたらよいかを判定できず、自動関連づけに失敗します。
登記のない組織、団体の場合:
登記のない組織、団体に対してはSOCの付与が難しく、自動関連づけに失敗するケースがあります。
※自動関連づけが行われる前提として、Datahubが「SOC」「CI人物ID」の付与に成功している必要があります。SOCの付与が難しい例はこちらをご参照ください。

 

Q : Sansan上でタグ情報を削除しましたが削除情報が反映されていないようなのですが?

A : Sansan上でタグを追加した場合、追加したタグ情報は連携されます。
Sansan上でタグを削除した場合、削除したタグの情報は連携されず、Salesforce上では残ったままとなります。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています