Sansan

【Sansan Data Hub】Salesforce接続情報の確認方法

概要

Sansan Data HubのWeb画面から、Salesforceへの接続情報を確認することが可能です。ここでは、接続情報の画面に関する詳細と、その他確認いただきたいポイントについてご案内します。

 

接続情報の確認方法

1. こちらのヘルプサイトをご参照のうえ、Sansan Data Hubにログインします。

2. 右上の歯車マークから「Salesforce 認証情報」をクリックして、「設定の確認」をクリックします。
※「設定の確認」をクリックするためには、事前にSalesforce認証を行う必要があります。

 

接続情報の見かたについて


① 接続情報

Salesforce インスタンス情報 接続しているSalesforce環境の組織URLが表示されます。
Salesforce 組織ID 接続しているSalesforce環境の組織IDが表示されます。
環境種別 接続しているSalesforceの環境種別が表示されます。検証組織の場合は「Sandbox 環境」、本番組織の場合は「本番環境」が入ります。

② 認証ユーザ情報

プロファイル名 Salesforce認証で使用したアカウントのプロファイルが表示されます。
権限セット付与状況 Salesforce認証で使用したアカウントに対して、[Sansan データ連携実行ユーザ]という権限セットが付与されている場合は「Assigned」、付与されていない場合は「NoAssign」が入ります。

③ パッケージ情報

Sansan Data Hub Connectivity パッケージインストール状況 Salesforce環境にインストールされているSansan Data Hub Connectivityパッケージのバージョンが表示されます。パッケージがインストールされていない場合は「PackageNotInstalled」が入ります。
Sansan_CI パッケージインストール状況 Salesforce環境にインストールされているSansan_CIパッケージのバージョンが表示されます。パッケージがインストールされていない場合は「PackageNotInstalled」が入ります。
自動関連づけ機能の利用可否 自動関連づけ機能が利用できる状態かを表します。利用できる状態の場合は「true」、利用できない状態の場合は「false」が入ります。
Account管理モード 自動関連づけ機能の連携モード(*)を表します。SOCモードの場合は「SOC」、SLCモードの場合は「SLC」が入ります。

(*)Sansan Data Hubの連携モードとしては、法人単位で連携する「SOCモード」と、拠点単位で連携する「SLCモード」の2種類があります。

④ ユーザマッピング

設定状況 ユーザマッピング設定が完了しているかを表します。完了している場合は「Completed」、完了していない場合は「Incomplete」が入ります。

 

出力されるエラーメッセージについて

「接続情報」画面の上部には、設定状況を表すメッセージが表示されます。

緑色のメッセージが表示されていた場合:正常な状態につき対応不要です。
赤色のメッセージが表示されていた場合:以下の表をご参照のうえ、必要な対応を実施してください。

メッセージ メッセージ条件 必要な対応
接続設定は正常です 以下のエラーが1件も出ていない なし(正常な状態です)
ユーザマッピングが完了していません Effective UserMappingの値が"Incomplete" こちらをご参照のうえ、ユーザマッピング設定を実施してください。
Connectivityパッケージがインストールされていません Connectivity Versionの値が"PackageNotInstalled" こちらをご参照のうえ、Sansan Data Hub Connectivityパッケージをインストールしてください。
AccountにConnectivityパッケージの参照権限がありません "sci_"で始まる項目がAccountに存在しない(参照できない) こちらをご参照のうえ、Salesforce認証で使用したアカウントに対して権限セット[Sansan Connectivity データ連携実行ユーザ]を付与頂くか、プロファイルに対し"sci_"で始まる項目への参照権限を付与してください。
ContactにConnectivityパッケージの参照権限がありません "sci_"で始まる項目がContactに存在しない(参照できない) こちらをご参照のうえ、Salesforce認証で使用したアカウントに対して権限セット[Sansan Connectivity データ連携実行ユーザ]を付与頂くか、プロファイルに対し"sci_"で始まる項目への参照権限を付与してください。
LeadにConnectivityパッケージの参照権限がありません "sci_"で始まる項目がLeadに存在しない(参照できない) こちらをご参照のうえ、Salesforce認証で使用したアカウントに対して権限セット[Sansan Connectivity データ連携実行ユーザ]を付与頂くか、プロファイルに対し"sci_"で始まる項目への参照権限を付与してください。
Salesforceのアクセストークンが無効です Salesforceから"INVALID_SESSION_ID"が返ってきた Salesforceのアクセストークンが切れています。Sansan Data Hubとの接続が切れている可能性があるため、弊社宛にご連絡ください。
権限セットがありません DataLinkage Permissionの値が"False" こちらをご参照の上、Salesforce認証で使用したアカウントに対して権限セット[Sansan データ連携実行ユーザ]を付与してください。
※プロファイルベースで権限を付与した場合、本エラーへの対応は不要です。

 

その他確認ポイント

※ConfigurationSheet(Salesforce)にて定義したSansan Data Hubの読み込み項目の中に、取引先責任者/リードの「Fax」・「MobilePhone」が含まれる場合は以下をご確認ください。いずれも読み込み項目に含まれない場合、確認は不要です。


対象:Contact/Leadタブ

以下のいずれかのメッセージが表示されており、且つそれが読み込み項目に含まれる場合:以下の表をご参照のうえ、必要な対応を実施してください。

メッセージ 必要な対応
MobilePhoneがContactオブジェクトに存在しないか、または参照権限がありません Salesforce認証アカウントが、ContactのMobilePhone項目に対して参照権限を有していません。項目レベルセキュリティより権限を付与するか、読み込み項目から除外してください。
FaxがContactオブジェクトに存在しないか、または参照権限がありません Salesforce認証アカウントが、ContactのFax項目に対して参照権限を有していません。項目レベルセキュリティより権限を付与するか、読み込み項目から除外してください。
MobilePhoneがLeadオブジェクトに存在しないか、または参照権限がありません Salesforce認証アカウントが、LeadのMobilePhone項目に対して参照権限を有していません。項目レベルセキュリティより権限を付与するか、読み込み項目から除外してください。
FaxがLeadオブジェクトに存在しないか、または参照権限がありません Salesforce認証アカウントが、LeadのFax項目に対して参照権限を有していません。項目レベルセキュリティより権限を付与するか、読み込み項目から除外してください。

 

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています