Sansan

Sansan_CIパッケージv1.39リリースのご案内

リリース日:2021年8月31日

リリース内容

 

最新バージョン(1.39)は、こちらよりインストールしてください。
以下では、リリース内容に関する詳細をご案内します。

 

1. 自動関連づけの新規作成時に適用するレコードタイプを指定可能な機能を追加

従来、自動関連づけのレコード作成時に適用されるレコードタイプは、【名刺設定】オブジェクトの「保存」ボタンを最後にクリックしたアカウントのデフォルトレコードタイプで固定されていました。
そのため、現在どのレコードタイプが適用されているかが画面上からは判断ができず、また適用するレコードタイプを変更したい場合は、デフォルトレコードタイプの変更などが必要でした。

しかし今回のリリースで、ユーザは画面上からレコード作成時に適用するレコードタイプを指定することが可能になりました。


▼レコードタイプの指定画面


本機能のリリースにより、特定のアカウントのデフォルトレコードタイプに依存することなく、レコード作成時のレコードタイプを自由にご指定いただけます。

 

2. 手動関連づけ対象外フラグを追加

前のバージョン(v1.38)で自動関連づけ対象外フラグをリリースしましたが、今回、手動関連づけでも同様の制御ができるフラグ(手動関連づけ対象外フラグ)をリリースしました。

手動関連づけ対象外フラグにチェックが入っている場合、そのレコードは「名刺関連づけ」の候補画面から表示されなくなります。

▼手動関連づけ対象外フラグ



▼「名刺関連づけ」の候補画面


閉鎖した企業や退職した人物など、Salesforce上には残しておきたいが名刺を紐付けたくないというレコードに対し、手動関連づけ対象外フラグのチェックを入れておくことで、誤って関連づけすることを回避することが可能です。

※「手動関連づけ対象外フラグ」を画面上に表示するためには、ページレイアウトから追加いただく必要がございます。なお、項目がご確認いただけない場合は、[項目レベルセキュリティ]よりプロファイルに対して権限が付与されているかをご確認ください。

 

3. 運用状況を可視化するダッシュボードを追加

ダッシュボード(Sansanダッシュボードフォルダ)に、Salesforce連携の効果測定/運用状況可視化を行う上で、お役立て頂けるダッシュボードを追加しました。


▼ダッシュボード画面


ダッシュボードには、下記内容のグラフがデフォルトで表示されています。

  • 識別済みの取引先数/取引先責任者数/リード数
  • 名刺から作成された取引先/取引先責任者/リード数
  • 手動関連づけ/自動関連づけで作成されたレコードの割合
  • 名刺の流入数
  • 関連づけ済みの名刺数
  • 識別できなかった名刺
  • 自動関連づけでエラーになっている名刺

 

また、ダッシュボードは自由に加工できますので、お客様ごとの運用にあわせてカスタマイズし、最適化したうえでご利用いただくことも可能です。

 

※ダッシュボードのカスタマイズ例はこちらをご参照ください。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています