Sansan

Microsoft365 とメール署名取り込みを連携する

 

概要

Microsoft365 Exchange のサーバー内のメール情報から、署名を自動で抽出し、名刺候補として表示します。メール情報から抽出した名刺候補の中から、マイデータに取り込む名刺を選択することができます。
利用するためには、管理者が機能の有効化を行い、利用ユーザーを選択する必要があります。
※ 機能の有効化にはMicrosoft365 Exchange の外部連携設定が別途必要です。

 

  • ご利用にはMicrosoft 365 で Exchangeを利用できるプランが必要です。
  • 取り込まれた名刺は、名刺取り込み枚数にカウントされます。

 

Google Workspace (Gmail) と連携する場合はこちら

 

連携概要

連携概要は以下の通りです。

 

ご利用までの流れ

1.ディレクトリ (テナント) IDの登録(すでに設定済みの場合不要)

1.ディレクトリ (テナント) IDの発行
1.Microsoft Azure portal ページにアクセスします。
2.画面中央のAzure Active Directoryの管理ページにアクセスします。
3.会社名の下に表示されている「テナント ID」をコピーします。

 

2.外部サービス連携画面を開く
ディレクトリ(テナント)IDをコピーし、 [管理者設定] > [外部サービス連携] > [Microsoft365] をクリック後、「Exchange Online」の許可設定、および1でコピーしたディレクトリ(テナント)IDを入力してください。
※ ディレクトリ(テナント)IDは、[メール署名取り込み]と[スマート接点管理]で共用となります
※ 画面内の設定で一度に保存できるディレクトリIDは1つまでです、ディレクトリIDごとに認証が必要な為、同時に複数のディレクトリIDの設定を保存することはできません(回を分けて保存してください)

 

3.Microsoft365と連携
2で「保存」するとMicrosoft365にリダイレクトされます。
リダイレクト先のMicrosoft365の同意ダイアログで、メールアドレスとパスワード (※) を入力し、アクセス許可に同意します。
※ Microsoft365管理者のメールアドレスとパスワードが必要です。

 

2.メール署名取り込みの有効化

1.メール署名取り込みを有効化する
サービスアカウントキーファイルの登録後、[メール署名取り込み]( [管理者設定] > [メール署名取り込み])に戻り、有効化にチェックし保存します。機能の有効化をお知らせする管理者メールが届きます。

2.ユーザーの機能を有効にする
[利用状況] の絞り込みで、登録したいユーザーを指定し、チェックボックスで選択します。[連携する] を選択すると、連携が開始されます。
連携の開始は、各ユーザーごとに行うこともできます。

 

連携エラーについて

連携した際にエラーとなった場合、以下のエラーステータスいずれかが表示されます。

ステータス 原因
認証失敗 Microsoft 365 に対象ユーザーのアカウントが存在しない もしくは 対象ユーザーのメールボックスが存在しない。
権限なし 初期連携時、Outlookを参照する権限に一時的なエラーが発生した可能性があります。再度連携をお試しください。
連携失敗 上記以外の原因でエラーが発生しています。再度連携を試しても解決しない場合は、こちらのお問い合わせフォームからご連絡ください。

 

利用ユーザーを解除する

連携解除をしたいユーザーを指定し、[解除] を選択してください。
連携解除は、各ユーザーごとに行うこともできます。

 

よくある質問

Q. Office365でIPアドレス制限を設定している場合どうすればよいですか?

A.お問合せフォームより件名に「Office365連携に伴うIPアドレス開示依頼」と記載の上ご依頼下さい。

 

 

この記事は役に立ちましたか?
93人中51人がこの記事が役に立ったと言っています