Sansan

【Sansan Data Hub】自動関連づけの連携モードについて

本機能はご契約によっては有償でのご提供となります。メニューが表示されずご利用を希望される場合は担当営業もしくはサポートセンターへお問い合わせください。

 

概要

Sansan Data Hubが提供する機能の一つに、「自動関連づけ」があります。
※自動関連づけ機能の詳細はこちら

自動関連づけ機能を使用することで、名刺データから取引先/取引先責任者/リードを自動で作成・更新することが可能です。

なお、自動関連づけの連携モードには、「SOCモード」・「SLCモード」の2種類が存在します。
ここでは、各連携モードについてご案内します。

 

 

 

前提

自動関連づけの連携モードは、「SOC」・「SLC」と呼ばれる固有識別子をベースとしています。

SOC ( Sansan Organization Code )
Sansan Data Hubが会社情報を読み込み、特定できた企業・組織に対して法人単位で付与するユニークキーです。

SLC ( Sansan Location Code )
Sansan Data Hubが SOC ✕ 住所 単位で付与するユニークキーです。
SLCを付与するためには、まず企業の特定(SOCの付与)ができている必要があります。

※SOC・SLCの付与に必要な情報はこちらをご参照ください。

 

各連携モードについて

SOCモードについて

名刺から取引先を作成・更新する際に、「法人単位」で関連づけを行います。
名刺と取引先の会社紐付けには、SOCを使用しています。

 

SLCモードについて

名刺から取引先を作成・更新する際に、「拠点(住所)単位」で関連づけを行います。
名刺と取引先の会社紐付けには、SLCを使用しています。

 

現在の連携モードを確認する方法

現在どちらの連携モードが適用されているかをご確認される場合は、Sansan Data HubのWeb画面にログインし、[設定の確認]> [Account管理モード]をご参照ください。

※詳細はこちら

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています