Sansan

SalesforceのMFA(多要素認証)に関する連携との影響について

 

Salesforceに必須化される多要素認証について、どのような影響があるかご案内します。

 

1.運用中の場合

1-1.すでにSalesforceとの認証が行われており、連携が開始されているケースについて

すでにSalesforce連携を開始している場合、認証時に使用したSalesforceユーザの多要素認証を有効化しても影響はございません。

今までどおりご利用が可能です。

認証時に使用したSalesforceユーザ(Salesforce 認証アカウント)の確認方法はこちらをご確認ください。

 

1-2.認証で使用するSalesforceユーザの変更や、再認証を行うケースについて(運用開始後に変更する場合)

認証で使用するSalesforceユーザ自体を変更する場合や、再認証を行う場合も、認証ユーザによるSalesforceへのログインが必要です。そのため、ログイン時に多要素認証が求められます。

また、認証ユーザについては、<https://login.salesforce.com>からのログインができるように設定をしてください。詳細はSalesforceへご確認ください。

 

2.これから運用を開始する場合

2-1.これから連携を開始し、Salesforceとの認証を行うケースについて

これから連携を開始する場合、こちらの手順にて、SalesforceとSansan Data Hubの認証を行います。

多要素認証を有効化しているSalesforceユーザを使用して認証する場合、ログイン時に多要素認証が求められます。

また、認証で使用するSalesforceユーザについては、<https://login.salesforce.com>からのログインができるように設定をしてください。詳細はSalesforceへご確認ください。

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています