Sansan

【Sansan Data Hub】名刺設定オブジェクトの推奨設定手順(リード自動昇格)

概要

ここでは、SOC/SLC及び人物IDを基にリードを自動で昇格(取引の開始)する方法についてご案内します。

リード自動昇格バッチを登録すると1時間に1回、以下の条件でリードの自動昇格を行います。

・リードのSOC/SLCと一致する取引先がある場合

⇒新規で取引先責任者を作成し、リードを取引開始済みにする

・リードのSOC/SLCと一致する取引先及びがSOC/SLCと人物IDが一致する取引先責任者がある場合

⇒既存の取引先責任者を更新し、リードを取引開始済みにする

※複数一致する取引先及び取引先責任者がある場合は自動昇格しない

 

1.注意事項

2. リード自動昇格の設定画面

3. リード自動昇格設定

4. リード取引開始項目の対応付け

5. 推奨する表示項目

 

1. 注意事項

    1. 名刺の自動関連づけ設定で、「ケース3:取引先責任者が存在する場合は更新し、存在しない場合は取引先の登録有無にかかわらずリードとして作成したい場合」という設定(以下図をご参照下さい)を行っている場合は、本機能は有効にしないことを推奨いたします。

       

       

      自動昇格機能では、「SOCとCI人物IDが一致する取引先責任者がいれば更新を行い、いなければ新規作成を行う」という処理を行います。そのため、自動関連づけ後に取引先のみ存在している場合、リードを作成しますが、その後自動昇格機能の処理によって、取引先責任者へ昇格してしまいます。

    2. 取引先のSOCが重複している場合、リード自動昇格処理はエラーとなります。その場合、取引先をマージ・もしくは削除するか、手動で昇格させてください。

    3. リード自動昇格の処理は1時間に1回起動し、3回処理に失敗すると自動で再度実行することはありません。もう一度自動昇格させたいときは、対象のリードレコードの「(Sansan)リード自動昇格実行済フラグ(API参照名: AutoPromotedLeadFlg__c)」を False へ変更してください。

 

2. リード自動昇格の設定画面

1. システム管理者権限をもつSalesforceアカウントでログイン後、[名刺設定]タブをクリックします。

※[名刺設定]タブが見つからない場合は、こちらをご参照ください。

 

2. 基本設定のタブの中から「リード自動昇格」を選択してください。

 

3. リード自動昇格設定

 

1. 機能有効化する場合は「リード自動昇格有効化」のチェックを入れる

 

2.起動時間を設定する

 

画面初期値

・リード自動昇格起動時間(毎時起動)(0分)

リードの自動昇格の処理が、1時間に1度起動します。

ここではリードの自動昇格処理をいつ起動させるかを設定します。

例:「0分」で設定した場合、毎時0分に処理が起動します。

→ 10時0分、11時0分、12時0分...に起動

※1一度に処理されるデータは最大で20,000件です。

 

4. リード取引開始項目の対応付け

こちらのページを基に、リード取引開始項目の対応付けを設定してください。

 

5. 推奨する表示項目

以下項目をリードの画面上に追加しておくことで、バッチのエラー内容等が分かり管理がしやすくなります。

※ページレイアウト上に項目を追加する方法は、こちらのページをご参照ください。

なお、各項目の詳細は以下をご参照ください。

項目名 API参照名 説明
(Sansan)リード自動昇格元 AutoPromotionLeadFrom__c 自動昇格機能によって昇格(アーカイブ)されたリードレコードは、この項目に「Auto Promotion」と記載されます。
(Sansan)リード自動昇格エラーメッセージ AutoPromotionLeadErrMsg__c 自動昇格機能の実行時にエラーが発生した場合、ここにエラーメッセージが記載されます。
(Sansan)リード自動昇格対象外フラグ AutoPromotionLeadExcludedFlg__c 自動昇格機能を実行してほしくないリードレコードが存在する場合、このフラグにチェックを入れる(Trueにする)ことで、処理の対象外にできます。
(Sansan)リード自動昇格実行失敗数 AutoPromotedLeadCountOfFailure__c 自動昇格機能の実行時にエラーが発生して失敗した場合、失敗回数が記載されます。
(Sansan)リード自動昇格実行済フラグ AutoPromotedLeadFlg__c 自動昇格機能によって昇格(アーカイブ)されたリードレコードや、「リード自動昇格実行失敗数」が3回に達したリードレコードは、このフラグにチェックが入ります(Trueになります)。 チェックが入ったリードレコードは、自動昇格機能が実行されなくなります。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています