Sansan

【Sansan Data Hub】自動関連づけ対象条件設定のSOQL入力例(Salesforce連携)

概要

Sansan Data Hubが提供する機能の一つに「自動関連づけ」があります。
※自動関連づけ機能の詳細はこちら

自動関連づけ機能を使用することで、名刺データから取引先/取引先責任者/リードを自動で作成・更新することが可能ですが、対象にしたい名刺データをSOQLを使用して、選択することが出来ます。

ここではよくあるシーンを元にSOQLの入力例を記載いたします。

SOQLについては以下Salesforceのヘルプサイトもご参照ください。

条件式の構文 (WHERE 句) | SOQL および SOSL リファレンス | Salesforce Developers

複数選択リストのクエリ | SOQL および SOSL リファレンス | Salesforce Developers

 

※設定手順についてはこちらをご確認ください。

 

日本国内の名刺だけを対象としたい場合

国コード[項目名:Sansan_CI__CountryCode__c]が「JP」の名刺を対象とする

Sansan_CI__CountryCode__c = 'JP'

 

連絡先がわかる名刺だけを対象としたい場合

メール[項目名:Sansan_CI__Email__c]、携帯[項目名:Sansan_CI__Mobile__c]、電話[項目名:Sansan_CI__Phone__c]のいずれかに値が入っている名刺だけを対象とする

(Sansan_CI__Email__c != NULL OR Sansan_CI__Mobile__c != NULL OR Sansan_CI__Phone__c != NULL)

 

名刺交換日が不明、もしくは古い名刺は対象外としたい場合

名刺交換日が不明の名刺は対象外とする

(Sansan_CI__ExchangeDate__c != NULL)

2020年1月1日より後に名刺交換した名刺を対象とする

(Sansan_CI__ExchangeDate__c > 2020-01-01)

名刺交換日が直近5年の名刺を対象とする

(Sansan_CI__ExchangeDate__c = LAST_N_DAYS:1825)

 

特定のタグがついた名刺のみを対象としたい場合

[取引対象]というタグ[項目名:Sansan_CI__Tags__c]がついている名刺を対象とする

Sansan_CI__Tags__c  INCLUDES ('取引対象')

※「INCLUDES」は「含む」を指定する演算子となります。そのため、上記例では、[取引先対象外]というタグが付いている場合でも対象となります。対象のタグの文字列を含むが、対象とはしたくないタグがある場合は後述の演算子「EXCLUDES」をAND条件でご利用ください。

 

特定のタグがついた名刺は対象外としたい場合

[アプローチNG]というタグ[項目名:Sansan_CI__Tags__c]がついた名刺は対象外とする

Sansan_CI__Tags__c  EXCLUDES ('アプローチNG')

 

自社や自グループの名刺は対象外としたい

メール[項目名:Sansan_CI__Email__c]に「@sansan.com」を含む名刺を対象外とする

(NOT (Sansan_CI__Email__c LIKE '%@sansan.com'))

 

読み取り不可文字が含まれている名刺は対象外としたい場合

会社名[項目名:Sansan_CI__CompanyName__c]、氏名[項目名:Sansan_CI__FullName__c]のいずれかの項目に「●」が含まれている名刺は対象外する

※Sansanでは名刺に読み取り不可の文字が入っていた場合、「●」で表現しています。

(NOT (Sansan_CI__CompanyName__c LIKE '%●%' OR Sansan_CI__FullName__c LIKE '%●%'))

 

メール署名取込みによる名刺を対象外としたい場合

メール署名取込み[項目名: Sansan_CI__IsBizCardInbox__c]にチェックが入っている名刺を対象外とする。

Sansan_CI__IsBizCardInbox__c = FALSE

 

この記事は役に立ちましたか?
2人中2人がこの記事が役に立ったと言っています