Sansan

リスクチェック担当者とは/リスクチェックの流れについて

リスクチェック担当者とは

リスクチェック機能を利用し、取引先のリスク評価などを行う担当者のことです。 貴社システム管理者によって、リスクチェック初期設定時に、担当者を指定する必要があります。

目次

リスクチェック担当者の指定方法

リスクチェックの流れ

よくある質問

 

リスクチェック担当者の指定方法

初期設定が完了していない場合

[① 管理者設定]>[② Sansan Plus]>[リスクチェック powered by Refinitiv/KYCC]の右側にある[③ 初期設定を開始]をクリックします。




[① リスクチェック担当者の指定] から、担当者を指定してください。

※ 「リスクチェック powered by Refinitiv/KYCC」のどちらかで、すでにリスクチェック担当者が指定されている場合、利用開始時に、そのままリスクチェック担当者が同期されます。

※ 利用開始の設定は同期されないため、「リスクチェック powered by Refinitiv/KYCC」の各自で、「利用開始」を行う必要があります。

 

 

初期設定が完了している場合

すでに初期設定が完了している場合は、 [管理者設定] > [Sansan Plus] >[リスクチェック powered by Refinitiv/KYCC] の[設定を編集]からリスクチェック担当者を編集・削除することができます。


 

リスクチェックの流れ

1.名刺を取り込む

取り込まれた名刺情報を元に、利用開始しているリスクデータベースを検索し、自動スクリーニングが行われます。

※ スクリーニングの対象となる名刺は、 こちらをご確認ください。

 

2.リスクチェック担当者への通知、評価画面へのアクセス

Sansanに取り込まれた名刺から取引リスクが検出された場合、翌朝に、社内のすべてのリスクチェック担当者に通知がされます。届いた通知をクリックすると、[要評価一覧]が表示されます。



通知以外から、一覧にアクセスする場合は、[メニュー] > [① 取引リスク評価]をクリックします。

※ 全ユーザーから取り込まれた名刺からリスクが検知された名刺のみ「①取引先リスク評価」画面の「要評価一覧」にリスク評価が必要な会社としてまとまります。

※ 本画面には「リスクチェック担当者」のみアクセスできます。

※ リスクチェック担当者によって、評価判断がされていない場合に[要評価一覧]に表示されます。
評価済みの場合は、[評価済み一覧]に移動します。

 



3.リスク評価を行う

[会社リスク情報]と[代表者リスク情報]の[① 情報あり]からリスク情報を確認し、[② 評価する]をクリックし、取引判断を行ってください。判断を行う際は、検知された会社が、取引先と一致しているか必ず確認してください。

[③ フィルター設定]を利用して会社を絞り込むこともできます。

※ 「リスクチェック powered by Refinitiv」を利用開始している場合は「会社リスク情報」が表示され、「リスクチェック powered by KYCC」を利用開始している場合は「代表者リスク情報」が表示されます。

 

4.名刺所有者への通知

「取引不可」と評価された場合のみ、対象名刺を持つ全名刺所有者に、その旨が「要確認」の取引先として通知されます。

※ 一度でも「取引不可」と評価された会社は、今後同じ会社の名刺が取り込まれても再度リスクチェック担当者に「要評価」の取引先として通知されません。既に取引不可と判断された取引先として「要確認」の通知が対象名刺を取り込んだ全所有者に通知されます。

5.会社詳細に反映

上記の「リスク評価」で「取引不可」と評価された取引先は、その評価結果が [会社詳細] 画面に表示されます。

 

6.評価済み一覧を確認する

評価済み一覧画面でできることは以下のとおりです。

・取引可・取引不可の変更および、備考欄の編集
・リスク情報アップデート日の確認
・評価済み会社の削除・一括削除
・評価済み会社のダウンロード

 

 

よくある質問

Q: 要評価一覧画面で「会社リスク情報」「代表者リスク情報」の数が0件になりました。

A: Refinitiv社及びKYCコンサルティング社のデータベースの更新、またはSansan側の会社名寄せの更新により「会社リスク情報」「代表者リスク情報」のいずれか、または両方が0件になる場合があります。

 

Q : リスクチェック担当者へのメール通知はありますか?

A:メールでの通知機能はありません。Sansanのログイン画面上でご確認ください。

 

Q : 手入力した名刺やインポートした名刺はスクリーニングされますか?

A:されません。スクリーニングの対象となるのは以下ヘルプページに記載されている「データ化枠を消費する対象」の名刺のみとなります。

データ化枠を消費する名刺データ対象一覧

 

Q : 評価済一覧から会社を削除してしまった場合どうしたらいいですか?

A:下記のいずれかから、評価し直してください。
・同じ会社の名刺を再度スキャンする
・一括スクリーニング機能を利用する
・リスク検索機能で取引先を検索し、新しくリスク評価をする

 

Q : リスク情報アップデート日とはなんですか?

A:評価済一覧に移動した取引先のリスク記事に対し、Refinitiv社及びKYCCコンサルティング社から、リスク記事への更新があった日付です。取引可・不可の判断後にもリスク検知を確認することができます。

 

Q : 名刺がなくてもリスクチェックできますか?

A:リスク検索機能を有効化すると、取引先リスク評価の画面内にリスク検索フォームが表示され、特定の会社や人物を検索することができます。

 

関連ページ

リスクチェック powered by Refinitiv についてはこちら
リスクチェック powered by KYCC についてはこちら
アクセス権限についてはこちら

この記事は役に立ちましたか?
7人中7人がこの記事が役に立ったと言っています