Sansan

リスク確認担当者とは

Sansan Plusで提供中の「反社チェックオプション」や「代表者スクリーニングオプション」を利用するに当たり、効率的にリスク評価を行うユーザーの役割りを示します。 本機能の初期設定時に貴社システム管理者による本役割を持つユーザーの指定が必須です。

指定された「リスク確認担当者」が検知された名刺に対してアクセス権限を持っていない場合、対象名刺が表示されないため、リスク評価を行うことができません。
リスク確認担当者の指定前に、必ず対象担当者のアクセス権限をご確認ください。

※ 反社チェックオプションについてはこちらをご覧ください。
※ 代表者スクリーニングオプションについてはこちらをご覧ください。
※ アクセス権限についてはこちらをご覧ください。

 

リスク確認担当者の指定方法

1. 「反社チェックオプション」のみ利用中の場合

「① 管理者設定」の「② Sansan Plus」メニュー内、「反社チェックオプション powered by Refinitiv」テーブルの右側にある「③ 初期設定を開始」ボタンから [反社チェックオプションの初期設定] 画面を開きます。


管理者メニューの Sansan Plus >反社チェックオプションの「設定を編集」リンクからリスク確認担当者を編集・削除することができます。

2. 「反社チェックオプション」と「代表者スクリーニングオプション」の両方を利用中の場合

既に「反社チェックオプション」の方でリスク確認担当者を指定していれば「代表者スクリーニングオプション」にもそのままリスク担当者が同期されます。
逆に「代表者スクリーニングオプション」の方でリスク担当者を変更すると「反社チェックオプション」にも同期されます。

※ 利用開始の設定は同期されないため、「反社チェックオプション」と「代表者スクリーニングオプション」両方で「利用開始」が必要です。必ず両方の「利用開始」を行ってください。

 

反社チェックの流れ

名刺を取り込む

スキャナアプリ、またはスマホアプリから取り込んだ全ての名刺が反社チェックの対象となります。

リスク確認担当者への通知

Sansanに取り込まれた名刺から反社のリスクが検出された場合、翌朝に社内の全リスク確認担当者に通知されます。


「取引先リスク評価」画面にアクセス

全ユーザーから取り込まれた名刺からリスクが検知された名刺のみ「①取引先リスク評価」画面の「要評価一覧」にリスク評価が必要な会社としてまとまります。本画面には「リスク確認担当者」のみアクセスできます。

「取引先リスク評価」画面にまとまる会社は、その翌朝にまとめてリスク確認担当者に通知します。
届いた通知から「取引先リスク評価」画面の「要評価一覧」にアクセスし、貴社の方針に沿ったリスク評価を行うことができます。


リスク評価を行う

取り込んた名刺の会社名はリフィニティブ社の反社関連データを名寄せし、リスクを持つ可能性のある会社として本一覧に表示されます。
リスク確認担当者の方は本一覧に表示されている会社が「①詳細」の要注意会社候補として見つかった会社と一致しているかを確認してください。

「① 要注意会社候補」「② 代表者と同姓同名の反社人物」情報を基に、「③ 評価する」ボタンから「取引不可」もしくは「取引可能」としてリスク評価行ってください。 「④ フィルター設定」を利用して会社を絞り込むこともできます。

※ 「反社チェックオプション」のみ利用中の場合は「① 要注意会社候補」のみ表示されます。 「代表者スクリーニングオプション」も利用中の場合は「① 要注意会社候補」「② 代表者と同姓同名の反社人物」両方が表示されます。


また、「取引不可」と評価された場合のみ、対象名刺を持つ全名刺所有者にもその旨が「要確認」会社として通知されます。

※ 一度でも「取引不可」と評価された会社は、今後同じ会社の名刺が取り込まれても再度リスク確認担当者に「要評価」会社として通知されません。既に取引不可と判断された会社として「要確認」の通知が対象名刺を取り込んだ全所有者に通知されます。

会社詳細に反映

上記の「リスク評価」で「取引不可」と評価された会社は、その評価結果が [会社詳細] 画面に表示されます。

 

FAQ

Q. 要評価一覧画面で「要注意会社候補」「代表者と同姓同名の要注意人物」の数が0件になりました。


A. Refinitiv社及びKYCコンサルティング社のデータベースの更新、またはSansan側の会社名寄せの更新により「要注意会社候補」「代表者と同姓同名の反社人物」のいずれか、または両方が0件になる場合があります。

この記事は役に立ちましたか?
6人中6人がこの記事が役に立ったと言っています