Sansan

【Sansan Data Hub】識別に必要な項目 / 名寄せの精度を高める項目

Sansan Data Hub は Sansan・Salesforce・Marketoやその他のシステムと連携させることで、システム上に存在する顧客データに固有識別子SOC」・「CI人物ID」を付与し、あわせて名寄せも行います。以下、識別に必要な項目と、名寄せの精度を高めるための項目をご案内します。

固有識別子・名寄せ機能については、こちらをご参照ください。

※ Sansan Data Hub は有償オプションです。まだご契約がお済みでない場合は、営業担当まで問い合わせてください。
※ 識別・名寄せともに、データによっては以下の項目を入力されていたとしても識別・名寄せがされない場合があります。

 

識別に必要な項目

※  は必須項目です。組織識別においては、とあわせて、◎のいずれか1つの項目が入力されてないと識別自体されません。

項目 組織識別 人物識別
企業名  
氏名  
住所  
メールアドレス  
電話番号  

 

名寄せの精度を高める項目

同一企業・同一人物であると判断する「名寄せ」の精度を高めるためは、上記「識別に必要な項目」に加え、以下の項目を入力することを推奨します。

項目 組織識別 人物識別
企業名 -
氏名 -
部署 -
役職 -
郵便番号  
住所 -
メールアドレス -
電話番号 -
FAX番号  - 
携帯番号
URL -

 

識別や名寄せが難しいケース

困難なデータの例は以下のとおりです。

    • 会社名・氏名しか記載されていない
    • 会社名項目(取引先名等)に会社名ではなく個人名が記載されている
    • 会社名項目(取引先名等)に会社名だけでなく、部署や支店名などが併記されている
    • メールアドレスにフリーメールアドレスが記載されている
    • 会社・人物を特定できる項目が少ない
    • 登記されていない組織・団体
    • 日本国外の企業

 

この記事は役に立ちましたか?
2人中2人がこの記事が役に立ったと言っています