Sansan

【Sansan Data Hub】Salesforceのオブジェクトにリッチ情報を表示させたい(Salesforce連携)

契約プランによってはご利用いただけません。
ご利用を希望される場合は、担当営業もしくはサポートセンターへお問い合わせください。

 

概要

Sansan Data Hub連携では、帝国データバンク・国税庁などのリッチ情報を、Salesforceの取引先/取引先責任者/リードオブジェクトに付与することが可能です。

※Sansan Data Hubが出力する項目一覧については、こちらをご参照ください。

ここでは、リッチ情報をSalesforceのオブジェクトに表示させるための方法についてご案内します。

リッチ情報の表示にはページレイアウトで設定する方法と Lightning ページで設定する方法がございます。

運用に合わせて手順をご確認ください。

 

なお、ページレイアウトで設定する場合、Sansan 連携項目の設定状況によって推奨の設定手順が異なります。

Sansan 連携項目タブで選択していない項目がある場合は「項目ごとに設定する」、すべての項目を選択している場合は「Visualforce ページを利用する」の手順を推奨します。

Sansan 連携項目タブについてはこちらをご確認ください。

 

目次

■ ページレイアウトで設定する

 

■ lightning ページで設定する

 

項目ごとに設定する

1. Salesforceへ管理者権限でログイン後、画面右上の[歯車型]アイコンをクリックして、「設定」をクリックします。

 

2. 設定画面へ遷移しますので、クイック検索で「オブジェクトマネージャ」と入力し、検索結果に表示された「オブジェクトマネージャ」のリンクをクリックします。

 

3. オブジェクトマネージャ画面で、「取引先」をクリックします。
※「取引先責任者」・「リード」に対して設定する場合は、設定先のオブジェクト名をクリックしてください。

 

4. [ページレイアウト]をクリックして、設定を行うページレイアウト名をクリックします。

 

5. [項目]の中から、追加したい項目をドラッグアンドドロップでページレイアウトに追加します。

 

6. [保存]をクリックして、設定内容を保存します。

 

7. 取引先の詳細画面にリッチ情報の項目が追加されました。

 

Visualforce ページを利用する

1. Salesforceへ管理者権限でログイン後、画面右上の[歯車型]アイコンをクリックして、「設定」をクリックします。

 

2. 設定画面へ遷移しますので、クイック検索で「オブジェクトマネージャ」と入力し、検索結果に表示された「オブジェクトマネージャ」のリンクをクリックします。

 

3. オブジェクトマネージャ画面で、「取引先」をクリックします。
※「取引先責任者」・「リード」に対して設定する場合は、設定先のオブジェクト名をクリックしてください。

 

4. [ページレイアウト]をクリックして、設定を行うページレイアウト名をクリックします。

 

5. [Visualforce ページ]の中から、追加したいページをドラッグアンドドロップでページレイアウトに追加します。
※各コンポーネントの表示項目一覧については、こちらをご参照ください。

 

※ページレイアウトに追加したVisualforce ページの推奨設定は以下となります。
追加したVisualforce ページの右上に表示されるスパムマーク(設定)から設定できます。

オブジェクト Visualforce ページ名 スクロールバーを表示 高さ
取引先 BizCard_LinkTo_Sansan_Account   100
Sansanターゲティングタグ情報(取引先) チェックあり 200(デフォルト)
Sansanリスクチェック情報(取引先)   200(デフォルト)
Sansan拠点情報(取引先)   325
Sansan国税庁情報(取引先)   325
Sansan識別情報(取引先)   200(デフォルト)
Sansan組織情報(取引先) チェックあり 325
Sansan帝国データバンク情報(取引先)   625
Sansan連携情報(取引先)   100
取引先責任者 BizCard_LinkTo_Sansan_Contact   100
Sansan識別情報(取引先責任者)   200(デフォルト)
Sansan人物情報(取引先責任者) チェックあり 600
Sansan連携情報(取引先責任者)   100
リード BizCard_LinkTo_Sansan_Lead   100
Sansanターゲティングタグ情報(リード) チェックあり 200(デフォルト)
Sansanリスクチェック情報(リード)   200(デフォルト)
Sansan国税庁情報(リード)   325
Sansan識別情報(リード)   200(デフォルト)
Sansan人物情報(リード) チェックあり 600
Sansan組織・拠点情報(リード) チェックあり 100
Sansan帝国データバンク情報(リード)   625
Sansan連携情報(リード)   100

 

6. [保存]をクリックして、設定内容を保存します。

 

7. 取引先の詳細画面にリッチ情報の項目が追加されました。

 

Lighitning ページを利用する

新規で Lightning ページを作成する

 

1. Salesforce へ管理者権限でログイン後、画面右上の[歯車型]アイコンをクリックして、「設定」をクリックします。

 

2. クイック検索で「Lightning アプリケーションビルダー」を検索し、「Lightning アプリケーションビルダー」→[新規]ボタンの順でクリックします。

 

3. [レコードページ]を選択し、[次へ]をクリックします

 

4. 好きな表示ラベルを記載し、設定したいオブジェクト選択したら、[次へ]をクリックします

 

5. 好きなページレイアウトを選択し、[完了]ボタンをクリックします

 

6. [Visualforce]と検索し、 結果として表示された[Visualforce]を挿入したい場所までドラックアンドドロップします。

 

7. 任意のコンポーネントと高さに修正したら、有効化します。
デフォルトではページ名「BizCard_LinkTo_Sansan_[オブジェクト名]」、高さ「300」でコンポーネントが表示されます。
※各コンポーネントの表示項目一覧については、こちらをご参照ください。

 

8.リッチ情報の項目が追加されました。

 

既存の Lightning ページを編集する

 

1. Salesforce へ管理者権限でログイン後、画面右上の[歯車型]アイコンをクリックして、「設定」をクリックします

 

2. クイック検索で「Lightning アプリケーションビルダー」を検索し、「Lightning アプリケーションビルダー」→編集したい Lightning ページの[編集]ボタンの順でクリックします。

 

3. [Visualforce]と検索し、 結果として表示された[Visualforce]を挿入したい場所までドラックアンドドロップします。

 

4. 任意のコンポーネントと高さに修正したら、有効化します。
デフォルトではページ名「BizCard_LinkTo_Sansan_[オブジェクト名]」、高さ「300」でコンポーネントが表示されます。
※各コンポーネントの表示項目一覧については、こちらをご参照ください。

 

5.リッチ情報の項目が追加されました。

 

 

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています