Sansan

【Sansan Data Hub】Salesforceのオブジェクトにリッチ情報を表示させたい(Salesforce連携)

概要

Sansan Data Hub連携では、帝国データバンク・国税庁などのリッチ情報を、Salesforceの取引先/取引先責任者/リードオブジェクトに付与することが可能です。

※Sansan Data Hubが出力する項目一覧については、こちらをご参照ください。

ここでは、リッチ情報をSalesforceのオブジェクトに表示させるための方法についてご案内します。

※Salesforce連携機能は有償オプションとなっております。まだご契約がお済みでない場合、営業担当までお申し付けください。

※ご利用の「Sansan Data Hub Connectivity」パッケージのバージョンによって設定方法が異なります。事前にご利用のバージョンをご確認ください。パッケージのバージョン番号の確認方法はこちらです。

 

 

V.1.42以降のバージョンをご利用の場合

1. Salesforceへ管理者権限でログイン後、画面右上の[歯車型]アイコンをクリックして、「設定」をクリックします。

 

2. 設定画面へ遷移しますので、クイック検索で「オブジェクトマネージャ」と入力し、検索結果に表示された「オブジェクトマネージャ」のリンクをクリックします。

 

3. オブジェクトマネージャ画面で、「取引先」をクリックします。
※「取引先責任者」・「リード」に対して設定する場合は、設定先のオブジェクト名をクリックしてください。

 

4. [ページレイアウト]をクリックして、設定を行うページレイアウト名をクリックします。

 

5. [Visualforce ページ]の中から、追加したいページをドラッグアンドドロップでページレイアウトに追加します。
※各コンポーネントの表示項目一覧については、こちらをご参照ください。

 

※ページレイアウトに追加したVisualforce ページの推奨高さ設定は以下となります。
高さの調整は、追加したVisualforce ページの右上に表示されるスパムマーク(設定)から設定できます。

オブジェクト Visualforce ページ名 推奨高さ
取引先 Sansan拠点情報(取引先) 325
Sansan国税庁情報(取引先) 325
Sansan識別情報(取引先) 200(デフォルト)
Sansan組織情報(取引先) 325
Sansan帝国データバンク情報(取引先) 625
Sansan連携情報(取引先) 100
取引先責任者 Sansan識別情報(取引先責任者) 200(デフォルト)
Sansan人物情報(取引先責任者) 600
Sansan連携情報(取引先責任者) 100
リード Sansan国税庁情報(リード) 325
Sansan識別情報(リード) 200(デフォルト)
Sansan人物情報(リード) 600
Sansan組織・拠点情報(リード) 100
Sansan帝国データバンク情報(リード) 625
Sansan連携情報(リード) 100

 

6. [保存]をクリックして、設定内容を保存します。

 

7. 取引先の詳細画面にリッチ情報の項目が追加されました。

 

V1.41以前のバージョンをご利用の場合

1. Salesforceへ管理者権限でログイン後、画面右上の[歯車型]アイコンをクリックして、「設定」をクリックします。

 

2. 設定画面へ遷移しますので、クイック検索で「オブジェクトマネージャ」と入力し、検索結果に表示された「オブジェクトマネージャ」のリンクをクリックします。

 

3. オブジェクトマネージャ画面で、「取引先」をクリックします。
※「取引先責任者」・「リード」に対して設定する場合は、設定先のオブジェクト名をクリックしてください。

 

4. [ページレイアウト]をクリックして、設定を行うページレイアウト名をクリックします。

 

5. [項目]の中から、追加したい項目をドラッグアンドドロップでページレイアウトに追加します。

 

6. [保存]をクリックして、設定内容を保存します。

 

7. 取引先の詳細画面にリッチ情報の項目が追加されました。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています