Sansan

【Sansan Data Hub】Salesforce連携とは / ご利用可能な Salesforce エディション・利用制限について

Sansanに取り込まれた名刺データをSalesforceへ転送し、情報を連携させることが可能です。
Sansanの名刺データはSalesforceの [名刺] オブジェクトへ転送され、そこから[取引先] [取引先責任者] または [リード] オブジェクトへ関連づけることができます。

※ Salesforce連携は有償オプションです。ご契約がお済みでない場合は、営業担当までお問合わせください。

ご利用可能なSalesforce エディション

Web API機能を含むエディションで利用できます。
利用を開始するときは利用環境の運用に合わせて設定を行ってください。

製品  エディション
Sales Cloud Professional (※1)
Enterprise
Unlimited
Service Cloud Professional (※1)
Enterprise
Unlimited
Salesforce Platform (※2) Platform Starter
Platform Plus

(※1)Salesforce側で別途料金が発生します。

(※2)Enterprise以上のエディションとの組み合わせ、かつリードオブジェクトを使用しない場合にご利用可能です。


主な利用制限

  1. 取引先の階層構造(親子関係を持つ取引先等)には対応しておりません。
  2. 取引先の識別単位は法人単位となり、拠点/支店/部署などの単位には対応していません。
  3. 既存の取引先名に会社名以外の情報が含まれていると、正しく取引先を識別できない場合があります。
  4. 項目の書き込み対象をレコードタイプ毎に指定することはできません。
  5. Salesforce Shield には対応していません。
  6. Sansanの名刺タグ情報を連携した場合、Salesforc eのレコードからタグ情報を削除することはできません。
  7. Salesforceレコードの「最終更新者」は、Salesforce認証設定によりマッピングされたユーザになります。
  8. 名寄せ、識別ができなかった(関連づけ先が特定不可)名刺情報は、手動で対象オブジェクト(リード/取引先/取引先責任者)に登録・転記する必要があります。

※ Salesforce は salesforce.com, inc. の商標であり、許可のもとで使用しています。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています