Sansan

【Sansan Data Hub】Sansanのタグ情報をSalesforceへ連携する(Salesforce連携)

概要

Sansan Data Hub連携では、Sansan上で付与したタグ情報をSalesforceへ連携することが可能です。
ここでは、タグ情報を連携する項目と、フィルタや検索で利用する際に必要な事前設定についてご案内します。

※Salesforce連携機能は有償オプションとなっております。まだご契約がお済みでない場合、営業担当までお申し付けください。

 

1. タグ情報が連携されるSalesforce項目

Sansanのタグ情報は、Salesforce(取引先責任者・リード)の下記項目に連携されます。

・ タグ [Sansan_CI__Tags__c](選択リスト型):名刺の関連づけが行われたタイミングで連携
最新のタグ情報が連携されます。Sansan側でタグを削除した場合、Salesforce側からも削除されます。ただし、1レコードあたりに連携できるタグ数の上限は100件までです。

 

・ (Sansan人物)タグ [sci_sansan_person_tags__c](ロングテキスト型):Sansan Data Hubからのリッチ情報が更新されたタイミングで連携
今までSansanに付与したすべてのタグ情報が連携されます。Sansan側でタグを削除した場合は反映されず、Salesforce側には残ったままになります。また、反映されるタグ数に上限はありません。

連携されたタグ情報を「取引先責任者」・「リード」の画面上に表示する場合は、こちらのヘルプサイトをご参照のうえ、ページレイアウトの設定を行ってください。

 

2. タグをフィルタや検索で利用するための事前設定

タグをフィルタや検索、あるいはプロセスビルダーなどの条件として使用するためには、事前に以下の設定が必要です。
※以下では、一例として「名刺」オブジェクトに対して設定を行っています。「取引先責任者」・「リード」の条件で使用する場合は、手順3. にて、設定を行いたいオブジェクトを選択してください。

 

1. Salesforceへ管理者権限でログイン後、画面右上の[歯車型]アイコンをクリックして、「設定」をクリックします。

 

2. 設定画面へ遷移しますので、クイック検索で「オブジェクトマネージャ」と入力し、検索結果に表示された「オブジェクトマネージャ」のリンクをクリックします。

 

 

3. オブジェクトマネージャ画面内から、「名刺」(設定先のオブジェクト)を探し、リンクをクリックします。

 

 

4. [項目とリレーション] から、「タグ(Sansan_CI__Tags__c)」をクリックします。

 

 

5. [無効な値] にあるタグのうち、フィルタや検索で使用するタグの [有効化] リンクをクリックします。

 

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています