Sansan

複数言語入力/両面入力とは

複数言語入力とは

名刺のスキャン時に、入力希望言語を2つ選択できる機能です。名刺に複数の言語が記載されている場合に1つの言語だけでなく、2つの言語それぞれのデータを作成することができます。

スキャナでの設定方法については、こちらをご参照ください。

Sansan PC版での設定方法については、こちらをご参照ください。

 

 

複数言語入力の特徴

  • 表面、裏面に限らず、2つの言語が記載された名刺について、それぞれのデータが作成されます。
  • 二つの名刺データは別々の名刺として管理されますが、同じ人物IDが付与され、同一人物として扱われます。(人物IDの詳細はこちら
  • 複数言語入力設定を行い、スキャンした名刺は2枚分の課金対象となります。ご利用用途や頻度に応じて設定してください。
  • 複数言語入力の利用を問わず、名刺をスキャンする際にスキャナは画像を表面・裏面同時に読み取ります。そのためSansanの名刺管理画面上では、表・裏両方の画像を参照頂くことが可能です。
  • 言語が一つしかない名刺であっても、2言語を選択すると2枚分の名刺が作成され、どちらも課金対象となります。必ず、データ化したい言語数に合わせて設定をしてください。

 

 

両面入力とは

※本機能は、スキャナアプリのバージョンが3.0以下の場合およびスマートフォンアプリのみの提供となります。スキャナアプリについては、最新バージョンに更新することで、「複数言語入力」をご利用いただけるようになります。

名刺のデータ化は、通常表面に記載された情報を元に入力しますが、両面入力の設定でスキャンすると、表面の情報と裏面の情報をそれぞれデータ化することができます。

 

複数言語入力と両面入力の違い

複数言語入力では、表面・裏面に限らず、データ化したい言語をそれぞれ選ぶことで、その言語での名刺をそれぞれ作成いたします。

両面入力では、記載言語は考慮せずに、名刺の表面のデータ、裏面のデータをそれぞれ作成いたします。

 

 

両面入力の特徴

  • 「日本語表記面に記載されている情報と、英語表記面に記載されている情報を、両方ともデータ化したい。」といった場合にご利用ください。
  • 表面記載の情報のみが入力された名刺と、裏面記載の情報のみが入力された名刺の、二つの名刺データが作成されます。「表面」の扱いについては、入力ルールをご参照ください。
  • 二つの名刺データは別々の名刺として管理されますが、同じ人物IDが付与され、同一人物として扱われます。(人物IDの詳細はこちら
  • 両面入力設定を行い、スキャンした名刺は表裏が入力対象となります。
    なお、裏面が白紙の場合でも、表裏共に課金対象となりますので、ご利用用途や頻度に応じて設定してください。(設定方法はこちら
  • 両面入力設定を ON / OFF どちらに設定していても、名刺をスキャンする際にスキャナは画像を表面・裏面同時に読み取ります。そのため、Sansanの名刺管理画面上では、表・裏両方の画像を参照頂くことが可能です。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています